顎ニキビや赤み、ニキビ跡の対策方法はある?

顎はおでこと同じく皮脂の分泌が多く、さらに不潔になりやすい部位であるため、ニキビができやすい傾向があります。

悪化すると赤いニキビ跡が残ることもあるので、適切にケアすることが大切です。

ここでは、顎ニキビと赤いニキビ跡の対策について解説していきます。

 

顎のニキビの原因

ニキビといえば、おでこや頬などにできるイメージがありますが、顎にもできることがあります。

これは、ニキビの原因が毛穴づまりだからです。

顎にも毛穴があるので、ニキビができる可能性があるのです。

むしろ、頬やおでこよりもニキビができやすいともいわれています。

顎は、手で触ったり毛髪が触れたりして不潔になりやすいので、ニキビの原因であるマラセチア菌に感染しやすいといわれています。

 

顎のニキビを招く要因

顎のニキビは、ホルモンバランスの崩れでできやすくなります。

女性の場合はホルモンバランスが生理周期によって変化するので、顎ニキビができやすいタイミングがあります。

また、男性の場合でも男性ホルモンの分泌が増えることがあり、その際に顎ニキビができやすくなります。

さらに、ヒゲの処理の際にカミソリなどによって肌が傷つきやすいこともニキビができやすい理由の一つです。

ホルモンバランスはストレスや生活習慣の乱れ、睡眠不足など様々な原因で乱れるので、大人になってからもニキビに悩まされる方が多い傾向があります。

また、間違ったスキンケアも顎ニキビの原因の一つです。

ニキビの原因となる皮脂づまりを予防するためには、皮脂が過剰に分泌されておらず、酸化した皮脂が皮膚に残っていない状態を保つ必要があります。

毎日のスキンケアを怠るのはもちろんのこと、洗いすぎも皮脂づまりの原因になります。

洗いすぎると必要な皮脂までも落としてしまい、肌が乾燥します。

肌が乾燥すると外的刺激によって肌が荒れやすくなるので、身体は皮脂を分泌しようとします。

その結果、肌の内側は乾燥しているのに肌の表面には皮脂がたくさんある脂性敏感肌になってしまいます。

 

顎ニキビの対策

顎ニキビの対策として、まずはホルモンバランスを整えることに注力しましょう。

できるだけストレスを受けない、溜めないことが大切です。

しかし、ストレスは生活しているうえでどうしても受けてしまうものです。

楽観的に考えてストレスを受けないようにしたり、週に一度は趣味に没頭する時間を作ったりして、うまくストレスと付き合いましょう。

また、運動はストレス解消効果だけではなく、血流を促進して肌の環境を整えるのに役立ちます。

激しい運動はかえってストレスが溜まる原因になるので、気持ちがよいと思える程度の運動を週に3回程度の頻度で行いましょう。

 

スキンケアを見直す

間違ったスキンケアを続けることで、いつまで経っても顎ニキビが治らない状況に陥ります。

ニキビを刺激しないよう、優しく洗うことを心がけましょう。また、脂性肌であっても化粧水や乳液で保湿することが大切です。

肌のバリア機能を回復させるセラミド、皮脂の分泌をコントロールするビタミンC誘導体などが含まれた化粧水を使用しましょう。

 

紫外線対策

紫外線は、肌にダメージを与えるため、ニキビやシミ、シワなどの原因になります。

夏場は特に強い紫外線が降り注いでいるので、短時間の外出の際にも日焼け止めクリームを塗ることが大切です。

帽子をかぶって、できるだけ顎に紫外線が当たらないようにするとよいでしょう。

 

顎の赤いニキビ跡の対策

顎ニキビが悪化して炎症が起こると、皮膚が赤くなります。

ニキビの隆起がなくなっても、赤みだけが残ることがあります。

この赤みは炎症によるものなので、炎症が治まれば赤みも消失します。

放置しても自然に炎症は治まりますが、炎症が悪化するとクレーター状のニキビ跡が残る恐れがあるので、早めに治療を開始することをおすすめします。

クリニックでは、抗炎症剤などを処方してもらえます。

 

顎ニキビの治療

クリニックでは、顎ニキビに次のような薬が処方されます。

外用レチノイド

顆粒細胞が角質細胞に変化し、毛穴をつまらせます。レチノイドには、この変化を抑制する作用があります。

イオウ製剤

古い角質を柔らかくすることで、毛穴づまりを解消させる薬です。肌のターンオーバーを促進させたり、アクネ菌やマラセチア菌を殺菌したりするため、高い効果が期待できます。

抗菌薬

ニキビの原因菌であるアクネ菌やマラセチア菌を殺菌する薬で、原因菌に合わせてマクロライド系やセフェム系などが選ばれます。細菌が持つ細胞膜の合成を阻害したり、DNAの複製を阻害したりする形で殺菌します。

また、古い角質を取り除くケミカルピーリングを受けることができます。

家庭で行うピーリングでは使えない強力な薬剤を使用するため、高い効果が期待できます。

また、微弱電流を流して有効成分を肌の奥深くにある真皮層へと浸透させ、肌のバリア機能を整えるイオン導入を受けることができます。

ケミカルピーリングとイオン導入は保険適応外なので注意しましょう。

関連記事