顎ニキビが治っても跡になってしまった。顎ニキビ跡の治し方

くり返す顎のニキビ、跡になってしまうとなかなか治らなくて困りますよね。

そこでニキビ跡に効く製品や方法を試すワケですが、本当にその方法、ニキビ跡のタイプに合ったものでしょうか?

顎のニキビ跡が治らないのは、間違ったアプローチが原因なのかも知れませんよ。

本記事では顎ニキビ跡のタイプに合わせた効果的な治し方をご紹介します。

ニキビのタイプによって治し方が違う!あなたの顎ニキビはどれ?


顎にできるニキビ跡のタイプは3種類です。

種類によってアプローチ方法が違うので、まずはあなたのニキビ跡タイプを見極めてみましょう!

1 :赤っぽさが残る顎ニキビタイプ

ニキビができてから、まだ新しいニキビ跡です。

炎症を鎮めるために毛細血管がニキビ周辺に集まるのですが、この時に血管が皮膚から透けてみえて、赤いニキビ跡になります。

2:赤黒い・紫色の顎ニキビ跡(茶色の染み)

炎症を起こして傷ついた肌を修復しようと毛細血管が集まるのですが、炎症が長引いたり、深かったりすると、毛細血管が傷つき血液がしみ出してしまいます。

ヘモグロビンが色素沈着して赤黒い、紫のような染みができてしまうんです。

ヘモグロビンによる色素沈着が落ち着くと、茶色っぽいニキビ跡になるケースが多いです。

3:クレーターのように凸凹とした顎ニキビ跡

しつこいニキビや、赤ニキビから膿をもったニキビになると凸凹跡に発展しやすいです。

この凸凹は、ニキビによってできた傷が真皮にまで達し、真皮組織を複雑に壊したことでできる跡です。

炎症が治る過程で、修復出来た部分・できなかった部分に分離してしまい、表面が凸凹になります。

貴方のニキビ跡はどれに当てはまりましたか?

次に、ニキビ跡別の治し方を見ていきましょう。

顎ニキビ跡の治し方1

赤っぽい跡/赤黒い・紫のニキビ跡

炎症跡である赤いニキビ跡が悪化すると、赤黒い・紫のようなニキビ跡になってしまいます。

こうなる前に、少しでも早く適切なケアをしてあげることが大切です。

その方法はこちら!

1:ターンオーバーを整える

ターンオーバー(肌の生まれ変わり)の過程で、お肌の再生・修復が行われます。

炎症を鎮め、傷ついて肌を治癒させるだけでなく、炎症に負けない強く健康な肌を作るためにもターンオーバーの正常化は欠かせません。

・十分な睡眠
・規則正しい生活
・バランスの整った食事

など、健康的な生活を心掛ける

・レチノール(ビタミンA)
・ビタミンC誘導体
・プラセンタ

などのターンオーバー改善に役立つ成分を含む基礎化粧品の使用するなどの方法で、ターンオーバーを整えていきましょう。

2 :ピーリング石鹸などでターンオーバーを促進させる

例えば、余分な角質や皮脂を落としてターンオーバーを助けるピーリング石鹸などの使用を検討してみても良いでしょう。

ただし、炎症がまだ残っているケースや、敏感肌や乾燥肌のお肌の方の場合は要注意です。

かえって傷つけてしまい、ニキビ再発やニキビ跡の悪化につながる可能性もあります。

お肌の様子をみて、上手に使用したいですね。

3:赤ニキビ→赤黒いニキビに発展させないことが大切!赤黒い・紫のニキビ跡の元=炎症を最小限にする

赤ニキビから、炎症による血液の漏れ→赤黒いニキビ跡に発展するのを防ぐべく、炎症を抑えるケアを早い段階で行うことがキーポイントになります!

炎症を抑える処方薬や、ニキビ薬を有効活用しましょう。

市販薬よりも、皮膚科で処方されるお薬の方が威力も強く、効果が出やすいです。

市販薬で思ったような効果が出なければ、迷わず皮膚科で診てもらいましょう。

4茶ニキビへの発展を防ぐ

赤黒いニキビ跡から、茶色跡に変色する原因は…メラニンです!

炎症発生時に、お肌を守ろうとメラニンが生成されることで発生します。

「ハイドロキシン」という、メラニンの生成を防ぐ成分や、すでに出来てしまったメラニンの還元(分解〉作用のある「ビタミンC誘導体」を含む基礎化粧品やニキビケア用品の使用で茶跡にアプローチしてみましょう。

顎ニキビ跡の治し方2

クレーター跡が残るタイプ

クレーターの場合、お肌の深く真皮が損傷しています。

ターンオーバーが働くのは表皮だけです。

なので、通常のニキビ跡ケアと同じ治し方をしていても、思うように根治してくれないんですね。

顎にできてしまったクレーター跡の治し方をご紹介します。

1:真皮層でコラーゲン・エラスチンの不足しない肌を目指す

コラーゲンやエラスチンは、お肌の真皮層(表皮の下)でお肌の弾力を作り出す成分です。

これらの成分を不足させないことで、弾力成分で肌がピンと張り、凸凹跡を目立たなくすることができます。

・レチノール(ビタミンA)
・ビタミンC誘導体
・プラセンタ
・グリコール酸

など、コラーゲンの生成を助ける成分を含んだ基礎化粧品の使用を検討してみてください。

2:保湿ベールで凸凹をカバーする

クレーターの深さによって凹凸の見え方が違いますよね。

だからこそ、凹凸部分に潤いベールでフタをして、クレーターを目立たなくさせちゃえば良いのです。

乾燥したお肌では毛穴も目立ちやすく、余計に凸凹が目立ちます。

保湿成分のセラミド・ヒアルロン酸を含んだ化粧品を活用して、保湿ケアを徹底しましょう。

3:ターンオーバーの改善を目指す

凸凹跡の原因は、真皮にまで及ぶニキビの炎症です。

ターンオーバー=お肌の生まれ変わりの範囲は表皮までですが、ターンオーバーの改善により健やかな肌に導くことで、ニキビになりにくいお肌、表皮層のダメージ回復が目指せます。

4:顔のマッサージ

ニキビ跡に効果があるフェイシャルマッサージもありますよね。

「マッサージでニキビ跡が治るの?」と疑問の方も多いかも知れません。

答えは、YESです。

マッサージで血行が良くなることで肌細胞を活発にし、お肌の代謝(ターンオーバー)を正常に導く効果が見込めます。

※マッサージは炎症が残っている状態で行うと、かえって炎症を悪化させてしまうので気を付けましょう。

まとめ

顎のニキビ跡は、なかなか改善してくれないし繰り返すし、嫌になっちゃいますよね。

治りにくい顎ニキビ跡だからこそ、跡の原因と特徴を知り、タイプ別に対処していくことが大切です。

クリニックでレーザー治療をするのも手ですが、継続して通う必要があり、お金も時間もかかります。

まずは本記事の内容を参考に、出来てしまった顎ニキビ跡の解消を目指してください。

顎ニキビ跡がなくなれば、横から見た時のフェイスラインが一層美しくなります。

顎ニキビ跡を撃退して、横顔美人を目指したいものですね!

関連記事