コーヒーにテアニンは含まれてる?

リラックス効果が高いことで知られているテアニン。

ほっと一息つく時に飲む飲み物と言えばコーヒーですが、コーヒーにテアニンは含まれているのでしょうか?

テアニンを含んでいる飲み物、テアニンの効果についてご紹介します。

テアニンを取入れて、リラックスタイムを充実させましょう。

テアニンとは

テアニンってどんなもの?

テアニンとは、アミノ酸の一つ。

お茶のうまみ成分としても知られています。

テアニンには他の食材の苦味やえぐみを抑えてくれる働きもあるため、調味料として使用されることもありますよ。

お菓子類や清涼飲料水などに使われることも。

テアニンは太陽の光を浴びると、カテキンに変化すると言われています。

テアニンを含んでいる食材

テアニンは、

・緑茶
・烏龍茶
・紅茶

などの茶葉に多く含まれています。

中でも、他の茶葉に比べて太陽の光を浴びることの少ない新茶や玉露は、テアニンの含有量が多いと言われていますよ。

茶葉以外では、ニセイロガワリというキノコにも含まれていることが分かっています。

テアニンが含まれている食材は、多くありません。

コーヒーは茶葉ではなくコーヒー豆から作られているため、残念ながらテアニンは含まれていませんよ。

テアニンの効果

テアニンの効果で代表的なのが、リラックス効果。

心身の緊張を和らげて、興奮を抑えてくれる作用がありますよ。

そのため、安眠効果も期待できます。

リラックスと安眠は、美肌にとって欠かせません。

テアニンは、美肌になるのに役立ってくれますよ。

生理前のイライラを抑えてくれる効果もあると言われています。

健康面では、高血圧の予防に役立ってくれますよ。

オススメのテアニンの取り方

テアニンは、お茶を飲む方法でとるのがオススメ。

テアニンを多くとりたい場合には、テアニンが多く含まれる新茶や玉露を選ぶといいですよ。

テアニンはお湯に溶けだしてしまうので、1番茶で飲むようにしましょう。

心身が疲れている時、ゆっくりリラックスしたい時などに飲むのがオススメです。

生理前のイライラが酷い時にもオススメ。

テアニンには安眠効果があると言われていますが、茶葉には覚醒作用のあるカフェインも含まれています。

そのため、睡眠前にお茶を飲むのはオススメしません。

安眠効果を期待してお茶を飲む場合には、カフェインレスのものを選ぶようにしましょう。

茶葉は、

・アイス
・キャンディー
・和菓子

などにも利用されています。

茶葉を利用した食べ物をとるのもオススメですよ。

テアニンのサプリメントも販売されているため、サプリメントで効率よくテアニンをとることもできます。

コーヒーとは

コーヒーの成分

コーヒーにはテアニンは含まれていませんが、他の有効な成分が含まれています。

コーヒーの成分には、

・カフェイン
・ポリフェノール
・タンパク質
・全多糖類

などが含まれていますよ。

コーヒーの豆の種類や焙煎方法によって、成分の配合は変わってきます。

コーヒーの効果

コーヒーに含まれているカフェインには、覚醒作用があることで知られています。

疲れがたまっている時や眠気がある時に飲むことで、頭をすっきりとさせることができますよ。

ポリフェノールには、アンチエイジング効果があります。

老化する原因の一つが、体の酸化。

ポリフェノールには抗酸化作用があるため、体の酸化を防ぎ、体が老化するのを抑えてくれる効果がありますよ。

コーヒーには、利尿作用もあります。

体に溜まった老廃物の排出を促し、むくみの解消に役立ってくれますよ。

コーヒーのよい香りが、気分をリフレッシュさせてくれることも。

コーヒーのオススメの取り方

コーヒーの取り方で最も多いのが、一息つきたい時や気分をリフレッシュしたい時に飲む方法。

ブレイクタイムに欠かせないものとなっています。

覚醒作用があるため、眠気覚ましにもオススメ。

でも寝る前に飲むと、安眠を邪魔して質の高い睡眠をとることができなくなってしまうので要注意。

寝る5~7時間前には、飲むのをやめるようにしましょう。

アンチエイジングのために、コーヒーを飲むのもオススメ。

ポリフェノールの抗酸化作用が、体が錆びるのを防いで若々しく保つのに役立ってくれますよ。

健康と美容に役立ってくれるコーヒーですが、飲みすぎはよくありません。

コーヒーの濃さにもよりますが、1日3~5杯程度におさめるのがいいと言われていますよ。

コーヒーは、

・ゼリー
・キャンディー
・クッキー

などいろんな食べ物に利用されているため、飲む以外でとることもできますよ。

まとめ

リラックス効果の高い、テアニン。

テアニンは茶葉に多く含まれているため、お茶を飲むことで簡単にとることができますよ。

コーヒーにはテアニンが含まれていませんが、ポリフェノールやカフェインなどの有効な成分が含まれています。

お茶とコーヒーをうまく飲み分けて、美容と健康に役立ててくださいね。

関連記事