乾燥するとニキビができる?乾燥とニキビの関係や予防方法や治し方は?

ニキビの原因は皮脂だけだと思っていませんか?

実は、乾燥肌の人もニキビができやすいのです。

肌の乾燥によってニキビができやすい人の特徴の一つとして、「自分の肌の性質を理解していない」ということがあります。

自分がオイリー肌だと思っていたけれど本当は乾燥肌だった、

またはその逆など、自分の肌質を正しく理解していないと間違ったスキンケアをしてしまいます。

そうすると、ケアをしているようで実際は肌にダメージを与えていることにしかならない、といった状況にもなってしまうのです。

ここでは、乾燥によるニキビについて、原因や予防法、対処法などをお教えします。

 

肌が乾燥するとニキビができるって本当?

肌が乾燥するとニキビができやすくなります。

そんな乾燥肌ニキビには二つの種類があります。

肌に角質が溜まった「角質ニキビ」

肌が乾燥すると角質に弾力がなくなって毛穴が小さくなり、少しの汚れや皮脂でも詰まりやすく、ニキビを発生しやすくなります。

これが、角質ニキビタイプで、乾燥肌の人の典型的なニキビの原因です。

乾燥しているのに皮脂が原因の「皮脂ニキビ」

上のように肌が乾燥して角質ニキビができやすい状態で、皮脂が普通より多く放出されてできるのが皮脂ニキビです。

もともと角質が分厚くなっているため毛穴が細くなっています。

その上さらに皮脂が過剰に分泌するので、ニキビができやすくなってしまっているのです。

 

 

乾燥ニキビの予防法とは?

では、乾燥ニキビを防ぐためにはどうすれば良いのでしょうか?

自分の肌質を理解する

まずは、自分の肌質を正しく理解するようにしてください。

よくあるのが、脂性肌(オイリー肌)だと思っていたのに、実は乾燥肌だったというケースです。

顔がテカりやすいと自分はオイリー肌だと思いがちですが、実は乾燥肌だという場合もあります。

どういうことかというと、乾燥肌で肌が乾燥しやすいので体が皮脂を余分に放出している為、常に肌がテカテカしてしまうという仕組みです。

そのため、乾燥肌なのにオイリー肌という状況が起こるのです。

やっかいなのは、オイリー肌だと思っているので、オイリー肌専用の洗浄力の強い洗顔料を使ったりごしごしと洗いすぎたりすることです。

そうすることで、乾燥肌をより加速させてしまうでしょう。

また、少々肌が乾燥していてもあまり気にせず保湿ケアも適当という場合も、問題です。

乾燥ニキビを防ぐためにまず初めにしてほしいのは、「自分の肌質を正しく理解する」ということなのです。

正しい洗顔を心掛ける

自分の肌質を理解したら、次は正しい洗顔です。

基本はごしごしこすったり洗いすぎたりしないことがとても重要です。

洗顔は泡で撫でるように洗うのが大事です。

さらに、残った泡は毛穴に詰まりやすいので、全て洗い流してしまうようにしましょう。

夜は洗顔料でメイクや汚れを落とし、朝は水かお湯のみでOKです。

特に、乾燥肌の人は朝から洗顔料で皮脂を落としすぎてしまうと、皮脂が不足してしまいます。

油分の摂りすぎもNG

乾燥肌だからと言って、オイリーなクリームをたっぷり塗りすぎるのも考え物です。

油分が多いクリームに頼りすぎると、肌の皮脂膜が自然に皮脂を分泌する力が失われてしまうからです。

また、油分が多いクリームには、界面活性剤が配合されているものもあります。

この界面活性剤の成分が、皮脂膜を痛めてしまうこともあるのです。

糖類やアミノ酸などの肌に近い成分でじっくりパックがおすすめ

保湿ケアのおすすめの方法をご紹介します。

まず顔を綺麗に洗って汚れを落とした後に、糖類やアミノ酸などの肌に近い成分のパックを使い、しっかり肌を保湿して下さい。

その後はその保湿が蒸発してしまわないように、ノンオイルのローションでカバーをしてください。

これで保湿はOKです。

オイルフリーのローションは肌に負担をかけずに、ニキビができやすい肌をしっかり修復して水分を保持してくれるのでおすすめですよ。

 

 

乾燥ニキビができてしまったらどうすればいいの?

乾燥ニキビができてしまったら、

「これ以上乾燥させない」

「ニキビ部分に刺激を与えない」

ということを心掛けるしかありません。

乾燥ニキビができてしまったら、正しい洗顔と保湿ケアを繰り返しましょう。

優しく洗顔をしたら、すぐに保湿です。

外出先でも、保湿するのを忘れないでくださいね。

また、よく「ニキビはつぶせば治る」という人もいますが、これは間違っています。

ニキビを無理やりつぶすことで確かにニキビはなくなるかもしれませんが、ニキビ跡が残ります。

そして、肌にダメージが加わることにより、またニキビを生み出すもとを作ってしまうのです。

あまりひどい状態が続くようなら、皮膚科の受診をおすすめします。

たかがニキビと思っていても、ひどい状態が続くと皮膚病に発展してしまいます。

そこまでひどい状態になってしまったら、自分で下手に対処するよりも医師に相談するのが一番です。

 

関連記事