ニキビを防ぐための毛穴ケア方法とは?

ニキビは毛穴の炎症です。

つまりは、毛穴がある所なら、どこでもニキビができる可能性があるのです。

ニキビ肌になりたくない方も、ニキビが出来てしまった方も、先ずは、いの一番にすることは毛穴をきれいにすることです。

毛穴の炎症によってニキビができる過程から、そのケア方法まで、ニキビを「毛穴」の側面から徹底的に見ていきましょう。

ニキビができるメカニズム


ニキビが出来るメカニズムはとても単純です。

・毛穴が詰まる
・炎症が起きる

たったこれだけです。

 

ニキビと毛穴の関係


ニキビは、「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」に大きく分けられ、そのケア方法は、様々な雑誌やメディアでも紹介されていますが、先述の通り、【毛穴が詰まって、炎症を起こす】という根本は一緒です。

しかし、【なぜ、毛穴が詰まるのか?】が違うのです。

思春期ニキビ

思春期のニキビは、過剰な皮脂分泌によって毛穴が詰まってしまいます。

皮脂分泌には男性ホルモンが大きく関わっています。

この時期は、身体急成長する時期です。

筋肉や骨を急成長させるためには男性ホルモンが優位に立ちます。

その結果、皮脂分泌も多くなり、それが毛穴をつまらせる原因になります。

大人ニキビ

大人の毛穴が詰まってしまう原因は、かなり多く挙げられます。

・メイクが毛穴をふさぐ
・睡眠不足
・ストレス
・偏った食生活
・乾燥
・ターンオーバーの乱れ
・ホルモンバランスの乱れ
・紫外線

少し挙げただけでもこれだけの数があります。

また、それらは決して単一的なものではなくて、それぞれが関係しあい、複雑に絡まっているような状態です。

ニキビにならないための毛穴ケア


ではいよいよ、ニキビにならないための毛穴ケアをご紹介します。

洗顔

毛穴を清潔に保つことは絶対条件です。

過剰な皮脂、またチリ・ホコリなども溜まってしまいます。

これをそのままにしておいたら、確実にニキビができてしまいます。

泡は、その性質から、汚れの吸着性、吸脂性が高いのが特徴です。

毛穴を詰まらせる皮脂も汚れも両方一度に落とすことができます。

洗顔後に肌のツッパリを感じる方は、泡の立て方を工夫してみてください。

出来るだけ密度の高い泡を立てることが需要です。

“バブル”のようなスカスカな泡は、肌に残しておくべき保湿成分も吸い取ってしまいます。

“ホイップ”のような密度の高い泡をたっぷりと立てて優しく洗ってください。

クレンジング

大人の女性の場合、メイク汚れも毛穴を詰まらせる原因です。

油性のファンデーションや、毛穴やシワをパテのように埋めるメイク方法は、毛穴にとっては大敵です。

毛穴を根こそぎキレイにしないといけません。

クレンジング料選びのポイントは3つです。

1.洗浄力の高いクレンジングを選びましょう。

一般的には、洗浄力の高い順から、

オイル

ゲル(ジェル)

クリーム

ミルク

ウォータータイプ

です。

2.メイクに適応したクレンジング料を選びましょう。

クレンジング成分には、得意不得意があります。

油性メイクを落とすことが得意な成分、マスカラなどのフィルム成分を落とすことが得意な成分、ウォータープルーフの化粧品を落とすことが得意な成分など、実に様々です。

自分のメイクに合わせたクレンジング料を選んで、しっかり落としましょう。

3.肌質に合ったクレンジング料を選びましょう。

いくらクレンジング力が高くても、肌質を無視してはいけません。

乾燥肌の方は、潤いが残るタイプを、敏感肌の方は肌に負担がかからないタイプを・・・

など、自分に肌に負担がかからないクレンジング料を見極めましょう。

ピーリング

ターンオーバーの周期が長くなると、古い角質が肌を覆ってしまいます。

これも毛穴をふさぐ原因のひとつです。

ターンオーバー周期の乱れは、年齢とともに深刻になっていきます。

大人ニキビで悩んでいる方はピーリングを効果的に取り入れてみると良いでしょう。

ただし、やりすぎは禁物です。

無理矢理、角質を剥がしてしまうと、まだ準備が出来ていない肌が表面に出てきてしまい、肌の抵抗力が落ちてしまいます。

最近は、酸や薬剤を使った強いピーリングだけでなく、洗顔やクレンジングにソフトピーリング効果がある物も多いです。

穏やかなピール効果で毎日の習慣にするのも良いですね。

保湿ケア

実は乾燥も毛穴を詰まらせる原因なのです。

乾燥すると、肌は自らを潤すために、皮脂を分泌します。

この時、毛穴の多いTゾーンなどは特に皮脂分泌が盛んになります。

これによって、毛穴を詰まらせます。

部分的にテカリやすい方は、肌の奥の方が慢性的な乾燥状態です。

よって、毛穴を詰まらせないためには保湿も重要です。

特に気をつけたいのは、水分と油分のバランスです。

肌がベタつくからといって化粧水だけで終わったり、肌表面がカサカサするからといってクリームだけを大量に塗るなどの極端なケアはいけません。

正しいステップで丁寧な保湿ケアをしてください。

紫外線ケア

意外に知られていないかもしれませんが、紫外線も毛穴にとっては大敵です。

紫外線が肌に与える刺激はとても大きく、コラーゲンやエラスチンを破壊してしまいます。

これにより肌はハリを失い、たるでしまいます。

肌がたるめば、もちろん毛穴もたるみます。

たるんだ毛穴は、毛穴の入口が縦に伸びたり、パックリ開いてしまい、汚れやメイクが詰まりやすくなるのです。

さらに、そこに紫外線が当たり続ければ、メイクの油分や皮脂が酸化してニキビが出来やすくなります。

紫外線防止クリームや、帽子、日傘などを上手に活用して紫外線から毛穴を守りましょう。

スペシャルケア

美容皮膚科やエステなどで専門のケアを受けるのもお勧めです。

洗顔、クレンジングなどの日々のお手入れをコツコツと続けつつ、定期的に専門のケアを受けることで、自分では落としきれない毛穴の汚れをキレイにしてもらったり、毛穴を引き締めることができます。

専門機関のピーリングは、自分の肌の状態や、毛穴の状態にあわせて酸の濃度を調整してくれるので、安心かつ効果に期待ができますね。

専門家に肌の状態を見てもらえば、正しいケア方法も教えてくれるでしょう。

ニキビの原因は、性別・年齢を問わず【毛穴の詰まり】です。

ただし、毛穴が詰まる原因は、性別・年齢によって様々です。

自分自身の毛穴が詰まってしまう原因をよく見極めて、正しい毛穴ケアをしてください。

関連記事