高校生&大学生の思春期ニキビの予防法&治し方

ニキビは、思春期でも大人になっても、私達を大いに悩ます肌トラブルです。

特に思春期ニキビは、多くの方が初めて経験する肌トラブルであり、肌悩みかもしれません。

自分ひとりでは、予防方法もケア方法も分からずに途方に暮れて、あきらめてしまう方も少なくありません。

今回は、思春期ニキビに悩まない、予防方法と改善方法をご紹介します。

ニキビに悩む当人はもちろんのこと、思春期ニキビで悩むお子様を抱えるお母さんも必見です。

思春期ニキビとは


文字通り、思春期に出来るニキビの事です。

主には皮脂が多い部分にできる事が多く、炎症を起こす例も少なくないので、非常に目立ってしまいます。

またこの時期は、大人になれば比較的皮脂量が減ってくる箇所でさえ皮脂量が多くなるので、結果として顔の広い範囲にニキビが出てしまうのも特徴です。

 

思春期ニキビができるメカニズム


では次に、思春期ニキビができるメカニズムを見てみましょう。

ホルモンバランス

ニキビの原因は男性ホルモンです。

思春期は、前述の通り、男性も女性も体が急成長します。

この時、筋肉、骨、血液をつくるために男性ホルモンが多く分泌されます。

皮脂分泌も男性ホルモンが大きく関わっています。

そのため、身体の急成長のために男性ホルモンが多く分泌されれば、皮脂分泌も多くなりがちです。

ニキビは、皮脂を餌にして多くなるため、皮脂分泌が過剰なこの時期はニキビができやすくなるのです。

過剰皮脂と毛穴のつまり

男性ホルモンの影響で、皮脂分泌が過剰になると毛穴が詰まりやすくなります。

毛穴が詰まると、雑菌の温床となり、ニキビの元となるアクネ菌が増殖しやすくなります。

ターンオーバー不良

男性ホルモンが優位な時期は、ターンオーバーの周期が乱れやすくなります。

男性は女性と比べると皮膚が厚く硬いものです。

そのため、男性ホルモンが優位になりやすい思春期は、ターンオーバーの周期が長くなり、皮膚が分厚くなるためニキビができやすく、治りにくい状態になります。

 

大人ニキビとの違い


ここまで思春期ニキビについてみてきましたが、大人ニキビの違いは何なのでしょうか。

単に年齢の違いだけではありません。

ニキビができる原因と場所に違いがあります。

ここでしっかり整理しておきたいのは、思春期ニキビも大人ニキビも【ニキビできるメカニズムは同じ】です。

しかし、【ニキビができる根本原因が違う】という事です。

原因の違い

思春期ニキビも大人ニキビも毛穴が詰り、炎症を起こすメカニズムは同じです。

しかし、毛穴が詰まる原因が違います。

思春期ニキビは、男性ホルモンが優位になり過剰な皮脂分泌が原因ですが、大人ニキビは、

・疲労
・ストレス
・睡眠不足

などによりホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンが優位になります。

その結果、ターンオーバーなどの肌のサイクルが乱れ、毛穴が詰りニキビになります。

ニキビができる場所の違い

ターンオーバー不良によってニキビができる場合は、顎や顔周りなど、もともとターンオーバーがしにくく、皮膚が厚くなりがちな箇所に多発します。

思春期ニキビが改善し、額などのTゾーンがキレイになったと思ったら、大人ニキビとして、顎や顔周りに新しく大人ニキビができ始めた、などという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

自宅でできる思春期ニキビのケア方法・治し方


最後に仕上げとして、思春期ニキビのケア方法、直し方をご紹介しましょう。

思春期ニキビは、成長期のホルモンバランスが大きく影響しているので、身体の成長が落ち着くころにはニキビも自然と治ってくる場合が多いです。

では、放っておいて良いのかと言えば、もちろんそうではありません。

過剰な皮脂分泌によってできた思春期ニキビは炎症を起こしやすいのです。

炎症を起こしたニキビは、長引きやすく、さらに痕も残りやすいので、日頃からしっかりとしたケアをすることが重要です。

肌を清潔に保つ

まずは、肌を清潔に保ちましょう。

ニキビの元となるアクネ菌は皮脂を餌にして大きくなります。

髪の毛や、洋服の繊維が肌に触れっぱなしにならないよう気をつけましょう。

特に汗をかいた後は要注意です。

汗はアルカリ性です。

肌がアルカリ性にかたよると雑菌が増殖してしまいます。

つまり、汗をかきっぱなしにして放置すると、肌の上でどんどんアクネ菌が増殖してしまいます。

汗をかいたら、清潔なハンカチやタオルでこまめに拭きましょう。

また、寝具も意識的に洗濯の頻度を上げて清潔を保ちましょう。

枕カバーなど、意外と雑菌が住み着いてしまいます。

アクネ菌は、布に住み着いた雑菌も大好物です。

正しい洗顔

水の温度は32度前後、すすぎは流水を手にすくって20回以上。

これが正しい洗顔の鉄則です。

水の温度が高すぎると、肌の中の水分・油分が流れ出てしまいます。

一時的に肌が乾燥状態になると、肌は自己防衛本能から、皮脂を急激に分泌することで、乾燥状態をしのごうとします。

この時、水分は足りていないのに、油分だけが過剰に分泌されてしまうので、結果として毛穴を詰まらせる原因になります。

さらに、しっかりすすがないと、洗浄料が肌の上に残ってしまい刺激になる事もあありますので、20回のすすぎも、是非実践してください。

この時、シャワーの流水で流してはダメです。

シャワーの流水は水圧が高すぎて、肌の表面を上滑りするだけで毛穴の奥の汚れを上手にすすぐことができません。

このような洗顔を毎日繰り返していると、ニキビが治るどころか、余計に悪化します。

ニキビを早く治したいなら、洗顔の鉄則は守りましょう。

食事

バランスの良い食事というのは、あまりにも漠然としているので、具体的にご案内します。

【酵素】を取りましょう。

酵素は代謝と消化を促します。

甘いもの、脂っぽい物を食べすぎると、糖分・脂質は消化に多くの酵素を使うため、代謝にまわす酵素が足りなくなってしまうからです。

代謝に十分な酵素が使えなければ、肌のターンオーバーや、日々の新陳代謝も滞り、ニキビができやすく、また治りにくくなります。

消化に時間のかかる糖分・脂質を摂りすぎないこと。

これらを取る場合は、その分、体内に酵素をチャージするためにも十分な量の生野菜を取りましょう。

睡眠

夜10時~2時までは、肌が生まれ変わるためのゴールデンタイムです。

この時間帯にターンオーバーもされ、身体や肌の老廃物も排出されます。

十分な睡眠、質の良い睡眠を心がけましょう。

ストレス緩和

心身の負担もホルモンバランスを乱れさせるため、ニキビの原因になります。

ニキビを早く治したければ、できるだけリラックスする時間を設けたり、趣味を見つけて気持ちを穏やかに過ごせるよう工夫することも大事です。

思春期のニキビは、身体の成長に伴った一時的なものであることが多いです。

とても大事な時期なので、日常の正しい知識とケアで、ニキビを予防・ケアしていきましょう。

関連記事