首ニキビの原因てなに?なぜ首にニキビができるの?

ニキビは、毛穴があるところであればどこにでもできる可能性があります。

首は汗をかきやすく、髪の毛も触れやすいので、ニキビができやすい部位といわれています。

ここでは、首のニキビの原因とメカニズムについて解説していきます。

 

首のニキビの原因

首にできるニキビの原因は、顔にできるニキビの原因と同じです。

ニキビができるメカニズムをみていきましょう。

肌の表面にある角質は、一定の周期で自然に剥がれ落ちます。

そして、新たな角質ができます。

この肌の生まれ変わりのサイクルをターンオーバーといいます。

このターンオーバーが乱れると、古い角質が剥がれずに残ってしまいます。

そうすると、古い角質が毛穴に詰まります。

次に皮脂についてみていきましょう。

皮脂は皮脂腺から分泌される中性脂肪を主成分とするもので、肌を外的刺激から守る役割を果たしています。

しかし、皮脂は空気によって酸化し、肌に悪影響を与える物質になります。

この皮脂と古い角質が毛穴に詰まることで、白ニキビを引き起こします。

また、空気によって皮脂が酸化すると黒く変色するので、黒いポツポツとしたニキビになります。

これを黒ニキビといいます。

古い角質や皮脂が詰まった毛穴にアクネ菌やマラセチア菌などが感染すると、皮脂を栄養源に増殖します。

皮脂を分解すると、遊離脂肪酸という肌に刺激になる物質に変化し、炎症を引き起こします。

これが、いわゆる赤ニキビです。

この段階になるとセルフケアで改善することが難しいので、クリニックで治療を受けることが大切です。

 

首のニキビを招く要因

首のニキビは、皮脂の過剰分泌、ターンオーバーの乱れが原因で起こります。

これらは、ホルモンバランスが乱れることで起こります。

ホルモンバランスは、

睡眠不足
ストレス過労
偏食
運動不足
アルコールの過剰摂取

など様々な原因で崩れるので、このような生活習慣を改善することが大切です。

また、首は汗をかいたり髪の毛が当たったりすることで不潔になりやすい部位です。

汗をかいたらすぐに拭く、髪の毛がニキビに当たらないようにまとめるといった対策は必要です。

首を白く見せるためにファンデーションを塗っている場合、毛穴に化粧品がつまってしまう可能性があります。

また、ニキビに刺激にもなるので、肌の調子が悪いときやニキビができているときは控えましょう。

 

生理前にニキビができやすくなる

生理前はホルモンバランスが変化するため、皮脂の分泌が活発になり、首に限らず顔や背中などにもニキビができやすくなります。

月経周期によるホルモンバランスの変化は防ぐことができないので、できるだけ皮脂の分泌を防ぐために、生活習慣を整えることが大切です。

また、普段よりも少し洗浄力が強い洗顔料を使うなど、皮脂対策を万全にしましょう。

 

腸内環境の悪化がニキビを招く

腸内には、

悪玉菌
善玉菌
日和見菌

が生息しています。

日和見菌は、優勢な方の菌の味方をします。

悪玉菌が増えると便秘になり、老廃物や毒素が血液中に漏れ出します。

これらは血管を通って全身の毛穴から排出されます。

しかし、毛穴の中に毒素が残ると、肌に刺激が加わってニキビなどの肌トラブルを招きます。

 

首のニキビを解消させよう

首のニキビを解消させるために、まずはホルモンバランスを整えることから始めましょう。

・夜更かしは避けて、23時までには就寝しましょう。
・就寝の1時間前に寝床に入り、スマホやテレビを見ないようにするだけでも入眠しやすくなるでしょう。
・ストレスで不眠気味なのであれば、不眠の治療を受けることをおすすめします。
・ストレスは思うように解消することが難しいですが、継続的に運動することである程度解消できます。

 

食生活を改善する

ニキビの改善に効果が期待できる栄養素を積極的に摂取しましょう。

・ビタミンA

肌のターンオーバーを促すため、古い角質が毛穴につまりにくくなります。
また、皮膚の水分をキープするので、外的刺激を受けにくくなります。

人参やシソの葉、かぼちゃ、レバーなどに多く含まれています。

妊娠中にビタミンAを過剰摂取すると、胎児が奇形になる可能性があるといわれているので注意しましょう。

・ビタミンB2

卵や乳製品、海藻類に多く含まれており、皮脂の分泌を抑えて毛穴づまりを防ぎます。

・ビタミンB6

まぐろやかつお、鶏ササミに多く含まれており、肌のターンオーバーを促します。

・ビタミンC

メラニンの生産を抑えてニキビ跡を防いだり、肌の弾力をキープしているコラーゲンの生産を促す効果が期待できます。

緑黄色野菜や果物に多く含まれています。

・ビタミンE

ビタミンCよりも強い抗酸化力を持つといわれています。

レバーやかつお、緑黄色野菜に含まれています。

これらの他にも、

ミネラル
コラーゲン
食物繊維

などを積極的に摂りましょう。

逆に、脂質が多い食品の摂取は控えることが大切です。

関連記事