クロレラってなに?その効果・効能は?

青汁の材料に使われたり、サプリメントに使われたりと、さまざまな場面で目にするクロレラ。

じつは栄養素の宝庫であり、たくさんの効果・効能を持つ成分なのです。

今回はクロレラが持つ効果や摂り方について見ていきましょう。

クロレラとは


クロレラは植物性プランクトンの一種で、わずか3〜8ミクロンしかない非常に小さな生物です。

そのため、1g摂取するだけで数百億個の細胞を摂取することができます。

何億年も前から地球に生息し、あらゆる栄養素をバランスよく含んだ、パワーたっぷりの成分なのです。

クロレラに含まれる栄養素

クロレラに含まれる主な栄養素には以下のものがあります。

・18種類のアミノ酸
・鉄分
・葉酸
・ビタミンC
・ビタミンB
・ビタミンD
・カルシウム
・マグネシウム
・カロテン
・クロロフィル

などです。

体内では合成できない必須アミノ酸9種類をすべて含むほか、植物では珍しいたんぱく質も豊富。

栄養素は全部で約70種類も含まれており、ビタミン・ミネラルのバランスがいいことが特徴です。

また、これらの栄養組成はほうれん草などの緑黄色野菜に近く、大量の野菜を食べるよりもクロレラで効率よく栄養を摂ることができるのが魅力です。

クロレラが持つ効果・効能とは


栄養豊富なクロレラですが、摂取することでさまざまな効果が期待できます。

便秘の改善

クロレラが持つ効果でもっとも有名なのは、便秘解消効果ではないでしょうか。

クロレラは濃い緑色をしていますが、これはクロロフィルという葉緑素を含んでいるから。

クロロフィルは不要な老廃物を体外に排出する働きがあります。

また、不溶性・水溶性両方の食物繊維を含んでいるため、腸の働きを促して排便をスムーズにしてくれます。

美肌効果

便秘になると、吹き出物や肌荒れなどのトラブルが増えがち。

これは腸内環境の悪化が深く関係しています。

クロレラで便秘が解消されると、栄養分や血液が体のすみずみに運ばれるようになり、美肌効果も同時に得られます。

血圧を下げる

高血圧患者が1日1.5gのクロレラを6ヶ月間飲み続けたところ、最高血圧・最低血圧ともに減少したというデータがあります。

クロレラに含まれるクロロフィルやクロレラグロスファクターという成分は、血管の状態を改善し血圧を下げるのに効果的です。

コレステロール値を下げる

脂質異常がある患者が1日3gのクロレラを3ヶ月間飲み続けたところ、総コレステロール値・悪玉コレステロール値ともに減少したというデータがあります。

また、脂肪肝の改善にも効果があることがわかっており、クロレラは生活習慣病の予防に役立つと言えるでしょう。

解毒作用

クロレラを摂取すると体内のアルブミン値が上昇します。

アルブミンは強力な抗酸化物質で、体内にたまった汚染物質や重金属などの毒素を除去する役割を持っています。

アルブミン値が上昇することで肝臓や腎臓の機能がアップし、解毒作用の促進につながるのです。

また、腸内環境を整えることはデトックス効果も抜群です。

免疫力アップ

私たちの体は、日々たくさんの栄養素を必要としています。

しかし、外食やインスタント食品の摂取が多いと、そのバランスは崩れがちに。

クロレラは70種類の栄養素をバランスよく含んでいるため、免疫力を高めて風邪を引きにくくなります。

さらにアルカリ性食品であることから、体を酸性から弱アルカリ性にして抵抗力を高める効果も得られます。

アンチエイジング効果

体内で活性酸素が増えすぎると老化が進み、肌にも影響を及ぼします。

クロレラには抗酸化力が高いクロロフィルやカロテン・ビタミンEが豊富な上、クロレラグロスファクターという特有成分で活性酸素を除去するため、アンチエイジングにも効果的です。

クロレラの摂取方法


クロレラにはいくつか種類がありますが、特に優れたものを人口培養して加工し、さまざまな食品に使われています。

見た目のイメージから「青汁のようにおいしくないのではないか」と思われがちですが、ほんのり抹茶風味でそこまでクセはありません。

クロレラを使った食品のタイプ

クロレラを使ったものには、

・粉末
・錠剤
・ゼリー

などさまざまなタイプがあります。

それぞれの特徴を知り、自分に合ったものを選んでみてください。

パウダータイプ

粉末に加工したパウダータイプは、水やお湯で溶かして飲んだり、ヨーグルトに混ぜたりして摂取します。

吸収率が高いのが特徴ですが、独特の苦味が苦手という人も。

サプリメントタイプ

錠剤タイプは独特の味やにおいがなく、飲みやすいのが特徴です。

持ち運びにも便利なため、たくさんの種類が出ています。

ゼリータイプ

個包装のスティックで売られているゼリータイプは、旅行や出先でもさっと飲むことができます。

ドリンクタイプ

ドリンクタイプはクロレラのクセを抑えながら、栄養素の吸収を高めてあります。

青汁に使われている場合も。

クロレラの摂取量

クロレラの一日の摂取量ははっきりと定められているわけではありませんが、1日3g〜8gを目安にしましょう。

空腹時に飲むと効果が高まるとされています。

クロレラを摂取する際の注意点


クロレラを摂取する際は、気をつけたいポイントもあります。

過剰摂取しない

どんな成分もそうですが、体にいいからといって摂りすぎるのはNGです。

・お腹を下す
・吐き気
・便秘の悪化

になったりすることも。

製品に表示された摂取量を守るようにしましょう。

アレルギーに注意

クロレラはたんぱく質が豊富なため、卵や魚のようにアレルギーを起こすことがあります。

もしかゆみや発疹がみられたら使用を中止し、かかりつけの病院に相談しましょう。

飲み合わせに気をつけよう

ワーファリンなどの抗凝固薬を飲んでいる場合、クロレラに含まれるビタミンKが効果を阻害してしまう可能性があります。

この場合もあらかじめ病院で相談しましょう。

下痢をする可能性も

市販のクロレラは、細胞壁を除去して消化吸収を高めたものがほとんどです。

しかし、まれに安価な粗悪品では細胞壁が残ったままになり、下痢をする可能性があります。

もともと胃腸が弱い人も注意が必要です。

最初は少量ずつ試すようにし、どうしても体質に合わない場合は使用を中止してください。

野菜嫌いな人にクロレラはおすすめ


クロレラは便秘解消や美肌効果だけでなく、生活習慣病の予防やデトックス効果も得ることができ、女性はもちろん男性にもうれしい成分。

少量でも豊富な栄養素をまるごと摂取できるため、日々の野菜不足に悩む人に特におすすめですよ。

関連記事