ニキビや吹き出物ができる原因と対策方法とは?

一度できるとなかなか治らないのがニキビ。

洗顔するにもメイクをするにも気になりますよね。

思春期だけのものかと思っていたのに、大人になってからもニキビに悩まされることが多くなっていませんか?

一体何が影響しているのでしょうか?

この記事ではニキビや吹き出物の原因究明と対策法について解説していきます。

ニキビや吹き出物の原因って何だろう?


ニキビや吹き出物ができるのは、原因となるものがあって、角質が増えることで毛穴が詰まり、それによって余分な皮脂が排出されなくなるからなんです。

この状態に陥ってしまうとニキビや吹き出物の原因となるアクネ菌が徐々に増殖、炎症がひどくなってきます。

場合によっては、ニキビや吹き出物はニキビ跡になって残ることがあるので、後々後悔しないためにもできるだけ早い段階で適切な処置を取る必要があります。

ニキビや吹き出物の原因はこれ!


毛穴に皮脂が詰まることで引き起こされるニキビや吹き出物。

そもそもなぜ毛穴に皮脂が詰まってしまうのでしょうか?

根本原因を探ってみました。

成長ホルモンの増加

成長期にはホルモンと呼ばれるものは全て活発になります。

その中の1つに成長ホルモンがあります。

全体的なホルモンのバランスが安定しないために、Tゾーンにおける皮脂分泌量が増え、ニキビができやすくなります。

男性ホルモンの分泌が影響

なぜ男性にオイリー肌が多いのか?

その理由が男性ホルモンの分泌にあります。

皮膚を厚くかたくしたり、皮脂の分泌量を増やしたりする働きがある男性ホルモン。

女性にもわずかに分泌されています。

ストレスなどを感じることで男性ホルモンの分泌量が増加。

結果的にニキビや吹き出物ができやすくなるというわけです。

黄体ホルモンの分泌量が関与

女性ホルモンには

・エストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモン
・プロテスゲロンと呼ばれる黄体ホルモン

の2種類あります。

このうちの黄体ホルモンの分泌量が増加することでニキビや吹き出物ができやすくなります。

生理前になるとニキビや吹き出物ができる理由がここにあります。

ホルモン以外の原因としてはストレス

自律神経に影響を及ぼす

・睡眠不足
・緊張
・疲労

などでストレスを感じるようになってくると、ニキビや吹き出物ができやすくなります。

・リラックス状態に関係のある副交感神経
・緊張状態と関係の深い交感神経

この2つのバランスが崩れてしまうことで皮脂分泌の量を増やす男性ホルモンが増加。

ニキビや吹き出物ができやすくなり、さらにすでにできている炎症を悪化させてしまうことがあります。

 

ニキビや吹き出物の6つの対策法


事前にニキビや吹き出物ができないように対策をしておきましょう。

今の段階でニキビができているなら、今日からこれからご紹介する6つの対策法を行なってみてください。

対策は早いに越したことはありません。

充分な睡眠をとる

睡眠不足の日の翌日、ニキビができていた経験あるのではないでしょうか?

良質の睡眠が充分に取れていないとそれ自体ストレスとなってしまいます。

睡眠不足は自律神経のバランスを崩してしまうため、皮脂分泌も活発に。

最低でも6時間の睡眠は確保したいところです。

眠りについてからの3時間がお肌のゴールデンタイム。

お肌と密接な関係にある成長ホルモンの分泌が一番活性化される時間なのです。

この3時間にいかに良質の深い睡眠が取れるか、ここが大切なポイントです。

食事の見直しをする

脂っこいものや甘いものを食べ過ぎたときにニキビが出現したこともあるでしょう。

コーヒーの飲み過ぎやスパイスなどの刺激物の摂りすぎもニキビや吹き出物をできやすくしてしまいます。

栄養のバランスを考えた食事を摂ることを心がけましょう。

どうしても難しい場合にはサプリメントなどの健康補助食品を活用するのがオススメです。

紫外線対策を万全に

いつも紫外線対策は万全ですか?

対策をせずにお肌が紫外線を受けると、自動的にお肌に働きかけて角質を厚くし、紫外線からお肌をカードする作用が働きます。

そのため増えた角質が毛穴をふさぐこととなり、余分な皮脂の出どころがなくなるのでニキビができやすい状態になってきます。

ニキビからお肌を守るために、季節問わず日頃から紫外線対策を行なっていきましょう。

メイクをしっかりと落とす

メイクはいつもしっかりと落としているでしょうか?

疲れていたり面倒くさがったりして、メイクをパパっとしか落としていないと、徐々にニキビや吹き出物が出てくるようになります。

メイクを落とし切れていないということは、毛穴がメイクでふさがれたままということになります。

このため余分な皮脂を排出することができずに溜まり、ニキビへと進行していきます。

メイクをしたらしっかりと落とすことと、ファンデーションのパフなどお肌に直接触れるメイク用品は常に清潔なものを使うなど、ニキビ対策を行なうようにします。

便秘対策をする

便秘になっているとニキビができやすくなります。

これは腸内環境が乱れているが原因。

便秘になると本来排泄されるべき老廃物が腸内に停滞することとなり、毒素が体内にあることと同じ環境に陥ります。

このためニキビや吹き出物が増えてしまうというわけです。

日頃から便秘に悩まされがちでニキビも出ているのなら、まずは食物繊維や水分を摂るなどして便秘解消からスタートしましょう。

タバコやアルコールを控える

血流の停滞を引き起こすニコチンが含まれているタバコ。

血流がよくなくなるため、お肌の新陳代謝が上手くいきません。

そのためニキビなどの肌トラブルが起きやすくなります。

また、アルコールも飲み過ぎには注意が必要です。

アルコールを飲み過ぎると肝機能が低下し、毒素の分解を正常に行なえなくなってしまいます。

また、飲むお酒によっては糖分の多く含まれているものもあり、これが中性脂肪を増加させることで皮脂分泌を活発にします。

さらにアルコールは糖や肌代謝のサポートをしてくれるビタミンB群を大量消費させます。

ニキビや吹き出物に悩まされなくなりたいのなら、アルコールの過剰摂取とタバコは控えたほうがいいでしょう。

 

対策をして美肌を手に入れよう


事前に対策をすることでニキビや吹き出物の出現をカバーできます。

「最近ちょっと寝不足かも」なんて思うときには翌日に充分睡眠をとるなど、気づいたときに即行動してニキビや吹き出物を回避しましょう。

美肌を手に入れたいなら日々のこうした努力は必須ですよ。

関連記事