ニキビやニキビ跡にはビタミンEが効く?ビタミンEを効果的に摂取するには?

アーモンドに多く含まれていることで知られているビタミンE。

体のサビつきを抑えて

  • 体内老化
  • 肌老化

を防いでくれる抗酸化成分として注目されています。

化粧品でも使われている成分、ビタミンEは

  • ニキビ
  • ニキビ跡

にも有効です。

ビタミンEが

  • ニキビ
  • ニキビ跡

になぜ効果があるのでしょうか?

ビタミンEの特徴と効果的な摂取方法も含めてご紹介していきます。

ニキビやニキビ跡への効果あり?ビタミンEの魅力

体やお肌を老化させる活性酸素を抑制する成分、ビタミンE。

  • ニキビ
  • ニキビ跡

に効果的な成分でもあります。

まずはビタミンEと呼ばれるこの成分について知ることからスタートしましょう。

効果1:血流を促進させ美肌をつくる

お肌に関係のあるビタミンEの効果と言えば「美肌づくり」。

もともと血管を広げる作用のある成分で、血流を良くします。

また粘り気のある血液をサラサラにする働きもあるので、体内全体の血流が促進されます。

その結果、

  1. 細胞の新陳代謝が促されるようになり、
  2. ターンオーバーのサイクルも正常化され、
  3. お肌にハリや弾力、潤いが保てるようになってきます。
  • 肌荒れ
  • 乾燥
  • ニキビ
  • ニキビ跡の改善

に効果が期待されます。

また、ビタミンEには紫外線の害からお肌を守る働きも持ち合わせているので、

  • シミ
  • そばかす

も防ぐことができます。

効果2:老化を抑制する

若返りのビタミン」の別名を持つビタミンE。

強力な抗酸化作用があることで知られ、活性酸素から体内のサビつきを抑えます。

ビタミンEは老化を遅らせる働きがある成分で、

  • ビタミンC
  • ビタミンA

の抗酸化力もセットでトリプル利用すれば、さらなる強力な抗酸化作用で老化を防止することができます。

効果3:生活習慣病の予防や改善

あなたの血管年齢はどのくらいですか?

生活習慣病の1つである動脈硬化は血管が老化することで起きる疾患です。

  • 血管中にある悪玉コレステロールが酸化し、
  • 血管壁に過酸化脂質となってこびりつきます。
  • これによって高血圧や脳卒中などその他の疾患も引き起こす可能性があります。

血管の若返り効果もあるのがビタミンE。

  • 血液中のコレステロールなどの酸化を防ぎ、
  • 血液をサラサラにし、
  • 血管そのもののしなやかさをキープしてくれます。

効果4:生殖機能の維持

ビタミンEの効果は抗酸化力だけに留まりません。

ビタミンEは

  • 卵巣
  • 腎臓

の上にある副腎と呼ばれるホルモンを合成している器官にも貯蔵される成分です。

  • 女性ホルモン
  • 男性ホルモン

などの代謝にも大きく関わっています。

  • 不妊治療
  • 更年期障害

を軽減させるためにも利用されている成分でもあり、「子どもを産ませる」という意味のある化学名トコフェロールという名前があります。

化粧品と食事のWケアでニキビとニキビ跡を解消!ビタミンEを効果的に摂取

ビタミンEは

  • 塗ってもよし
  • 飲んでもよし

の成分です。

  • ニキビ
  • ニキビ跡

にも効果が期待できる成分ですので、外側と内側のWケアで効果的に摂取していきたいところ。

化粧品で摂取!配合されているビタミンE誘導体とは

ビタミンEはよく耳にするけれど、ビタミンE誘導体は知らない人も多いのでは?

簡単に言うと、ビタミンEの効果を化粧品で最大限引き出すために開発された成分です。

ビタミンEはもともと

  • 酸化しやすい成分で
  • 肌浸透率も高くありません。

活性酸素による

  • 体内老化
  • 肌老化

を抑制する効果のある成分なのですが、化粧品の成分としてそのまま利用しても効果が見込めないんですね。

そのため、酸化の影響を受けずに外側から肌に浸透させるビタミンE誘導体と呼ばれる成分にしてから、皮膚内部でビタミンEに変換させる方法を化粧品で採用したというわけです。

ビタミンE誘導体のお肌への効果はビタミンEと同じく、活性酸素からお肌を守る作用があるので

  • 紫外線によってダメージを受けたお肌を守り、
  • 乾燥や日焼けを軽減します。

また、血のめぐりをよくする働きもあるので

  • 肌代謝がよくなり、
  • セラミドを増やし潤いに満ちたお肌へと導きます。

抗炎症作用もあり、

  • ニキビ
  • 肌荒れ

の炎症も緩和させます。

ビタミンE誘導体はトコフェロールという表記で化粧品の成分に書かれていることが多いですので、ビタミンE誘導体配合の化粧品を選ぶときには注意深く成分名をチェックしてみてください。

抗酸化作用が最大の魅力!ビタミンEを豊富に含む食材

ビタミンEは体のサビつきを抑制してくれる成分。

日頃の食事からも積極的に摂りたいですね。

そこでビタミンEが豊富に含まれている食材をピックアップしました。

  • アーモンド
  • 落花生
  • モロヘイヤ
  • かぼちゃ
  • 菜の花
  • ひまわり油
  • コーン油
  • うなぎの蒲焼
  • アユ
  • はまち
  • ニジマス
  • 小麦胚芽

など。

  • ニキビ
  • ニキビ跡

に効果のあるビタミンEは身近な食材からも摂取できる成分です。

不足してくると体の中に活性酸素が増えてしまうので、

  • お肌が乾燥しやすくなりシミやシワが増え、
  • 皮膚の抵抗力も低くなるためニキビやニキビ跡なども改善しにくくなってきます。

他には

  • 神経症状
  • 筋肉の萎縮
  • 動脈硬化を含めた疾患
  • 不妊や流産

のリスクを高めてしまうケースもあります。

ビタミンEは食材以外にサプリメントからの摂取もできます。

その際には1日当たりの目安摂取量を守れば過剰摂取になることはありません。

まとめ:肌と体の老化を抑えるビタミンEを上手に摂り入れよう

アンチエイジング効果のあるビタミンE。

  • 血行を促進しニキビの原因の乾燥からお肌を守り、
  • 潤いのあるお肌を維持することでターンオーバーも正常化。

ニキビ跡の改善にも効果を発揮します。

さらに炎症を鎮める作用も持ち合わせています。

塗っても飲んでもOKのビタミンE。

  • ニキビ
  • ニキビ跡

の対策も兼ねて、

  • スキンケア
  • 食事

の両方で上手に効果的に摂り入れていきましょう。

関連記事