ニキビが跡になってシミに。。そんなニキビ跡(シミ)を消す方法!

ようやくニキビが治ったと安心したのもつかの間、次はニキビ跡にも悩まされている方もいると思います。

そして、赤く炎症したニキビを治すよりも、ニキビ跡をキレイにするほうがよっぽど大変だと、気づかされる方も多いはずです。

そして、シミのように茶色く残ってしまったニキビ跡は、特に頑固でキレイに治すのは難しいのですが、今回はここにスポットを当てて見ていきましょう。

ニキビ跡をキレイに治したい方必見です。

ニキビ跡の種類から自宅でのケア方法、お勧めの外用薬などをご紹介します。

ニキビ跡の種類


ニキビ跡には大きく分けて2種類あり、それっぞれ治し方が違います。

どういう種類のニキビ跡があるのかを、あらかじめ分かっていた方が、自分のニキビ跡のタイプを見分けやすいですね。

そして、この2種類のニキビ跡の正体を暴いて見ましょう。

正体が分かれば、治し方のヒントが見えてくるでしょう。

茶色のニキビ跡

茶色くシミのように残ってしまうニキビ跡です。

肌はフラットなままでシミが広範囲に広がったように見えることが多いです。

実はこれはシミのような…

ではなく、実際にシミなのです。

ですから正体はメラニンです。

メラニンと聞けば、相当頑固であろうというイメージも硬く無いと思います。

赤紫のニキビ跡

肌が赤くなるときは、大抵は炎症した状態です。

そして紫や青っぽく見える時は、そのほとんどがうっ血です。

赤紫色に残ってしまったニキビ跡は、まさに、炎症とうっ血の状態なのです。

多少、肌がボコボコと出っ張っていることも多いです。

しかし、炎症やうっ血は、そのピークが過ぎれば徐々に治まっていきますので、清潔を保って、丁寧にスキンケアを重ねていけば大丈夫です。

シミになったニキビ跡

では、いよいよ、本題のシミになってしまったニキビ跡にスポットを当ててみいきましょう。

なぜ、ニキビ跡がシミになるのか?

これは、ズバリ、肌の自己防衛本能です。

とても簡単で乱暴な言い方をすれば、皮膚は白いよりも、黒いほうが強いのです。

メラニンは肌に抵抗力を与え、強くします。

紫外線に当たった時も同様です。

肌が紫外線にさらされ、ダメージを受けると、その情報をメラノサイトが受け取り、メラノサイトがメラニンを発生させます。

このメラニンによって肌はダメージに抵抗することができるのです。

ニキビができて炎症した肌は、その時、最大のダメージを受けていることになります。

やはり、この状態でも肌は自己防衛本能によって、肌を強くしようとしてメラニンを発生させるのです。

この状態が続くと、ニキビの炎症が治まった後も、シミが残ってしまうのです。

なぜ、ニキビ跡のシミは濃くなるのか?

日焼けや加齢によって出来たシミよりも、ニキビ跡のシミの方が目立つ、濃いと感じたことはありませんか?

一概には言えませんが、確かに、ニキビ跡のシミは濃く、目立ってしまうものが多いのは確かです。

これは、ターンオーバーに関係があります。

肌は、強いダメージを受けると、ターンオーバー周期を遅らせて肌(角質)を分厚くしようとします。

これも一種の、肌の自己防衛本能です。

肌(角質)を分厚くして、「鉄壁の甲羅」を作ることで肌を守ろうとしているのです。

通常はターンオーバーを繰り返すことによって、日焼けしてしまった肌やメラニンは、肌から剥離し、追い出されます。

結果、日焼けした肌も元通りになって、シミも残らずに済むのです。

しかし、肌がダメージを受けているとターンオーバー周期が乱れて、シミを追い出すことが出来ずに肌に残ってしまい、見る見る濃くなってしまうのです。

ニキビ跡のシミの消し方


最後に、シミになってしまったニキビ跡の消し方をご紹介します。

ここで忘れてはいけないのは、シミである以上「メラニン」だということです。

もう、「ニキビ跡」だと思わずに、「メラニン」だと思ってケアすることが近道です。

ただし、注意点としては、ニキビは一度できると、繰り返しやすい方が多いので、あまり刺激の強いケア方法は避けましょう。

肌に強い刺激を与えると、また、肌は自己防衛本能によって、メラニンを発生させて、さらにシミが濃くなっていってしまいます。

自宅で出来るケア

当たり前すぎるかもしれませんが、保湿を中心としたスキンケアを継続しましょう。

目的は【ターンオーバーの促進】です。

シミは角質に定着してしまったら、薄くすることは出来ません。

追い出すことでしか消せません。

ターンオーバー促進に効果の高いスキンケア成分は次のとおりです。

・アミノ酸(保湿成分)
・セラミド(保湿成分)
・EGF(成長因子)
・フラーレン(保湿成分・成長因子)
・コラーゲン(保湿成分・栄養成分)
・幹細胞エキス(栄養成分)

肌には保湿と栄養が最も大切です。

肌は保湿され柔らかい状態でないと、ターンオーバーできません。

また、ターンオーバーは肌の生まれ変わりなので、新しい細胞を作るのも、その細胞によって古い肌を押し上げるのも、とてもエネルギーが要ります。

したがって、肌に十分な栄養を与えてあげることが重要です。

病院のお薬でケア

シミを追い出すのが得意な外用薬は「ハイドロキノン」です。

これは、すでに化粧品としての認可がありますので、市販されているスキンケアにも配合されているものもあります。

しかし、問題はその濃度です。

病院で処方される濃度と、化粧品に配合が許されている濃度は雲泥の差があります。

もちろん、病院で処方してもらう方が、濃度が高いです。

しかも、自分のシミの状態に合った濃度を処方してくれますので、治りも期待ができます。

ただし、薬として病院から処方される以上は副作用もありますので、医師や薬剤師の指導に基づき、正しく使用してください。

ニキビ跡のシミは二刀流で消す!

シミになって残ってしまったニキビ跡は、自宅ケアでターンオーバー促進、病院で処方される外用薬で徹底的に追い出す、この2つのケアを平行して行うことでキレイに治しましょう。

関連記事