ニキビやニキビ跡に悩んでいる必見!ニキビ肌の人の正しい洗顔方法とは?

分泌した肌の皮脂汚れをそのままにしておくのは、ニキビを悪化させる原因となり、ニキビ跡に発展してしまうので良くありません。

そのときに気を付けたい正しい洗顔方法について考えてみましょう。

肌を常に清潔にするのはもちろんですが、洗顔のし過ぎはよけいにニキビを増やす原因となります。

汚れを取り去り、なおかつ肌に必要な水分を与えてあげなければなりません。

そのためには正しい洗顔方法と、洗顔剤の選び方に注意する必要があります。

それでは、具体的にその二つのポイントを見ていきましょう!

ニキビやニキビ跡を改善したいときの洗顔方法とは?


大切なのは毛穴の汚れをしっかり取ってくれて、保湿性の高い洗顔剤を選ぶことです。

そして、正しい洗顔方法を行います。

まずは洗顔剤の選び方についてご紹介します。

ニキビやニキビ跡に最適な洗顔剤の選び方


洗顔剤の種類はとても多く、ニキビに効果のある洗顔剤も数多く存在します。

その中から多くを選ぶのは大変ですが、以下の点について考慮しながら選んでいきましょう。

毛穴の角質ケアに特化した洗顔剤

角質を壊さずに、毛穴の汚れを取る洗顔剤をおすすめします。

角質が壊れるとそこから菌が入り込み、ニキビになりやすくなります。

毛穴の汚れもニキビを悪化させる原因となるので、毛穴の汚れをしっかりと落とし、角質をケアしてくれる洗顔剤を選ぶことが大切です。

脂質を取りながらも保湿性の高い洗顔剤

皮脂の分泌が多くなると増えるニキビに対処するには、肌の脂質を取り除いてくれて、そのあとしっかりと保湿してくれる洗顔剤が良いでしょう。

とくに寝ている間に分泌した皮脂を取り除くため、朝用の洗顔として、このタイプの洗顔剤を使用するとさらに効果的です。

肌への刺激が弱く潤いを与える洗顔剤

肌への強い刺激は、ニキビやニキビ跡を悪化させる原因となるので避けましょう。

そのため、低刺激で洗い上がりに潤いが出るタイプの洗顔剤を選ぶ必要があります。

保湿性の高い化粧水やトリートメント効果のある、洗顔剤1本で3役を担ってくれる便利な洗顔剤もあるので、より一層の効果を求める人にはおすすめです。

ニキビやニキビ跡を傷付けない洗顔方法

前提として、やさしくていねいに洗うのが基本です。

決して手荒に洗ったり拭いたりしないでください。

タオルもやわらかく、毛が長めで水分の吸収性が良いものを使いましょう。

しっかり洗顔したあとは、保湿性の高い化粧水を使用しましょう。

手や周辺の衛生面

洗面所や洗面具はきれいでしょうか?

汚い雑菌だらけのところで洗っても意味がないので、常に清潔にしておきましょう。

そして、洗顔を行う前は手をきれいに洗ってから行ってくださいね。

汚れを顔に擦り付けて洗顔するのは意味がありません。

洗顔剤はスポンジなどで良く泡立てよう

洗顔剤は効き目が高いですが、肌への刺激もかなり強いです。

洗顔用のスポンジ、網目のあるものでしっかりとぬらしてから、洗顔剤を良く泡立ててお使いください。

泡立てながら、途中で水滴を追加しつつさらに泡立てると、たっぷりの泡ができます。

その泡をやさしく手のひらで顔を包み込むように軽くマッサージします。

そして、たっぷりのぬるま湯でゆっくりていねいに洗い流しましょう。

洗顔剤は顔や顔周辺へ絶対に残さない

洗顔剤のすすぎ残しは、ニキビを悪化させる原因となります。

必ずすすぎ残しがないようにていねいに洗い流し、すすぎ残しがないかどうか確認してください。

すすぎ残しがないようにするには、ぬるま湯にタオルを浸したっぷり水分を含ませた状態で、顔全体を覆います。

髪の生え際や、あごから首にかけてていねいにやさしく押さえるようにしてください。

決してこすらずに、やさしく押さえるだけです。

これでかなりきれいになります。

洗顔剤を使う洗顔は1日2回まで

洗顔剤は効果がありますが、強い刺激を与えることもあるので、一日に2回までにしてください。

朝晩が理想ですが、夏や運動をして汗をたくさんかいたあとには、しっかりと洗い流したいですよね。

ただ、2回の洗顔を短い間隔で行うと、洗顔剤で刺激を与えてから間もないうちに洗うことになってしまうと意味がないので、朝晩と間隔を置くことが大切です。

朝晩はしっかりと洗顔剤で洗顔を行い、その時間帯以外で大量の汗や汚れが気になる場合は、洗顔剤を使わずにぬるま湯でやさしく洗い流すか、ぬらしたタオルでやさしく拭きとってください。

正しい洗顔でニキビやニキビ跡を改善していこう!


毎日の洗顔だけでも、正しい洗顔方法を続けていければ、ニキビやニキビ跡はかなり改善していけます。

面倒でも基本的な方法は厳守し、継続して正しい洗顔を続けていってくださいね。

ニキビを悪化させなければニキビ跡の悩みも少なくなります。

正しく洗顔して、顔のニキビを減らしていきましょう!

参考URL:http://shishunki-nikibi.net/

関連記事