おでこにできるニキビの原因と対策方法とは??

ニキビは様々な原因が重なることで現れます。

その原因を解消させることで、ニキビができにくい体質をつくることができるでしょう。

おでこは皮脂の分泌が多いため、特にニキビができやすい部位といわれています。

ここでは、おでこニキビの原因と対策について解説していきます。

 

おでこニキビの原因

おでこはTゾーンとも呼ばれ、皮脂の分泌が他の部位と比べて多いため、ニキビができやすいといわれています。

そもそもニキビは、毛穴に皮脂や古い角質が詰まって角栓になり、そこにアクネ菌やマラセチア菌といったニキビの原因菌が感染することで引き起こされます。

ちなみに、原因菌に感染していない状態は白いポツポツとしたニキビであるため、白ニキビと呼ばれます。

毛穴に詰まった皮脂が空気に触れて酸化すると、黒くなります。

その見た目から黒ニキビと呼ばれています。

また、アクネ菌やマラセチア菌に感染して、これらが皮脂を分解することで刺激物質が作られると、肌が赤くなります。

この状態は炎症が起きている状態であり、放置すると化膿する可能性もあります。このニキビを赤ニキビと呼びます。

 

おでこのニキビの要因

毛穴をつまらせる皮脂や古い角質が多いと、おでこにニキビができやすくなります。

皮脂は、ホルモンバランスが崩れることで多量に分泌されます。

ホルモンバランスは、

睡眠不足
ストレス
疲労

など様々な原因で崩れるため、これらを解消させることが大切です。

ニキビができたのであれば、身体疲れているサインと考え、生活習慣を整えると共にストレスや疲労を解消させましょう。

 

間違ったスキンケア

皮脂の分泌が多いからといって、洗浄力が強すぎる洗顔料を使用すると、必要な皮脂まで取りすぎてしまい、肌の乾燥を招きます。

肌が乾燥すると肌のバリア機能が低下するので、身体は皮脂を分泌しようとします。

その結果、皮脂が過剰に分泌されて毛穴がつまりやすくなります。

また、おでこが脂っぽいからといって保湿ケアを怠ることも乾燥を招きます。

化粧水や美容液、乳液などで保湿ケアをしましょう。

最後に塗る乳液は、肌にバリアを貼って水分が蒸発するのを防ぐ役割があります。

ベタベタとするので、皮脂の分泌が多いと塗るのに抵抗があるかもしれませんが、しっかりと塗りましょう。

 

脂質を多く含む食品の過剰摂取

チョコレートやピーナッツを食べ過ぎると、ニキビができやすくなるといった噂がありますが、

医学的な根拠はありません。

ただ、皮脂の主成分である中性脂肪が溜まりすぎるとニキビができやすくなる可能性があるので、脂質を多く含む食品を摂り過ぎないよう注意しましょう。

 

おでこニキビの対策

おでこニキビの対策として、

ニキビに髪が触れないように前髪をまとめる
寝具などは、常に清潔なものを使う
ホルモンバランスを整えるために十分な睡眠をとる
ストレスを解消させる

があります。日々の心がけが大切ですね。

 

正しいスキンケア

おでこのニキビを治すにあたり、正しいスキンケアは必須です。

まずは、洗浄力が強すぎない洗顔料で、合成界面活性剤未使用のものがおすすめです。

正しい洗顔方法はこちらです。

1.洗顔料を洗顔ネットなどでしっかりと泡立ててから顔に乗せる
2.皮脂の分泌が多いTゾーンから洗う
3.手が肌に触れないように、くるくると円を描くように洗う
4.すすぎは熱い湯ではなくぬるま湯で行う

 

食生活

次のような栄養素を積極的に摂ることで、ニキビの早期改善に繋がる可能性があります。

・ビタミンA
毛穴づまりの改善やターンオーバーの促進に役立ちます。
また、皮膚や粘膜の潤いをキープする働きもあるので、ニキビだけではなくシミやシワなどの予防にも役立つとされています。
人参やほうれん草、レバーなどに多く含まれています。
・ビタミンB2、B6
ビタミンB2は皮脂の分泌を抑えて肌の健康を守ります。
卵やレバー、うなぎなどに多く含まれています。
ビタミンB6は肌のターンオーバーを促し、皮脂の分泌を抑えます。
まぐろやかつお、にんにくなどに多く含まれています。
・ビタミンC
細胞の酸化を防ぐ働きがあるため、アンチエイジングに役立ちます。
また、メラニンの生成を抑えるので、色素沈着によるニキビ跡の予防にも繋がります。
緑黄色野菜や果物全般に含まれています。
・ビタミンE
強い抗酸化作用を持ちます。
また、血流を促進させるため、シミやくすみなどの予防に役立ちます。
かつおや緑黄色野菜全般、レバーなどに含まれています。
・ミネラル
カルシウムやマグネシウム、亜鉛などのミネラルは、ホルモンバランスを整えるとともに肌のターンオーバーを促進させる働きがあります。カルシウムは乳製品全般、いちごや人参に、マグネシウムは海藻類、亜鉛は牡蠣やカシューナッツなどに多く含まれています。

関連記事