男性特有のニキビができる原因とその治し方は?

ニキビはできる時期や性別によっても特性が違い、例えば主に思春期にできるニキビ、生理前などにできるニキビ、そして男性にできるニキビという風に分類されます。

男性特有のニキビは何が原因で起こるのでしょうか。

その原因と予防方法について詳しく調べてみました。

 

男のニキビはなぜできる?

男性のニキビの原因といえば、「肌が脂っぽいから」ということがまず思い浮かびます。

確かに、それもそうなのですが、実はそれだけではないのです。

男性特有のニキビの原因について詳しく見てみましょう。

男性ホルモンによる皮脂の過剰分泌

男性のニキビの原因は皮脂の過剰分泌であることがほとんどです。

肌に大量の皮脂が分泌することで、毛穴に皮脂が詰まりやすくなりニキビになりやすくなります。

では、なぜ男性の肌からは皮脂が大量に出てきてしまうのでしょうか?

その正体は、男性ホルモンです。

男性ホルモンが多いと、皮脂が分泌されやすいのです。

男性はもともと皮脂が多く、ニキビができやすい体質なのですね。

ストレス

では、その男性ホルモンが多く分泌するのは、どんな場合なのでしょうか?

男性は仕事や人間関係など、いつもたくさんのストレスを抱えて生きています。

特に、結婚して子供が生まれ、家のローンなども抱えるようになると、そのストレスは半端ではありません。

妻や子供を養っていくためには、嫌な上司や取引先にも頭を下げなければなりません。

いくら仕事を辞めたくても、辞められないのです。

ストレスをたくさん感じると、男性ホルモンの値が上がります。

そうすると皮脂の分泌量も増えるので、結果皮膚にとってニキビができやすい環境ができあがってしまうのです。

油っぽい食事

肌に皮脂が多く分泌されるのは、もっと直接的な原因があることもあります。

それは、食事です。

皮脂は食事の内容に大きく左右されます。

油っぽく肉類が多い食事をすると皮脂は多くなりますし、野菜中心のヘルシーな食生活を送れば肌はサラサラになります。

特に、男性は揚げ物や焼き肉、牛丼などの肉類たっぷりの油っぽい食事を好みます。

そのため、肌から分泌される皮脂も多くなってしまい、ニキビの原因になるのです。

洗顔のしすぎ

男性がニキビを発生させてしまう意外な原因もあります。

それは、洗顔のしすぎです。

ニキビが気になる、皮脂が多いのが嫌だと、スキンケアをしっかりする男性が増えてきました。

それ自体は良いことなのですが、それが果たして正しいケアなのか、ということが大きな問題になります。

男性は肌に対する正しい知識をあまり持っていないので、何事もやりすぎる傾向があります。

そのため、洗顔をしたら徹底的に洗い、ごしごしとこする、美容液をつける際にもつけすぎるなど、正しいスキンケアとは程遠いのです。

顔を洗い過ぎると乾燥肌になり、肌を守るために角質が厚くなって毛穴を圧迫させてしまいます。

毛穴が圧迫されて小さくなると、少しの皮脂でもニキビを作ってしまいます。

また、乾燥すると肌は皮脂を過剰に分泌しますから、本当は乾燥肌なのにオイリー肌だと勘違いして、さらに洗顔をしすぎるという悪循環が起こってしまうのです。

 

 

男のニキビを予防するためには?

普段の生活で、男性ニキビを予防するためにはどうすれば良いのでしょうか?

脂分の多い食事を控える

皮脂と食事はかなり密接に関係しています。

筋肉量の多い男性はカロリーが豊富な油分の多い食事を好む人が多いですが、皮脂を減らしたいなら野菜を中心にした食生活が大事です。

たまの飲み会や食事などの際には、思い切り揚げ物や焼き肉などをお酒と一緒に楽しむのも良いでしょう。

しかし、それは、「たまにしかできない贅沢イベント」にしてくださいね。

ストレスを発散する

仕事などでストレスを抱えがちだなと思ったら、思い切りストレスを発散させる場所を作ってみてください。

ゲームが好きなら一日中ゲームをする日を設けたり、

映画を観たりおいしいものを食べたり、

旅行をしたりとストレスを思い切り発散させる場を作ることで、

たまったストレスは解消します。

そして大事なのは、そんなストレス発散の場を定期的に設けることです。

ストレスを溜めたら吐き出す、というサイクルを生活の中に組み込むことで、上手にストレスと付き合っていくことができるでしょう。

そうやって、ストレスをうまくコントロールできれば、次第にニキビは解消されるはずです。

正しいスキンケアを行う

男性の方に知ってほしいのが、自分の肌に合った正しいスキンケアです。

よくあるのが、洗顔をしすぎることと、洗顔後に保湿ケアが足らないことの二つです。

いくら肌が脂っぽいと言っても、洗顔をしすぎるのは良くありません。

体とはやっかいなもので、皮脂が出過ぎるからと皮膚を洗い過ぎると、「皮脂が足りない!」と勘違いし、さらに余計に皮脂を出そうとしてしまうのです。

しっかりと洗顔料を泡立てて、優しく洗ってあげるのが基本です。

また、洗顔料による洗顔は夜だけにし、朝はお湯か水で洗うだけで十分です。

また、洗顔後に保湿しない男性も多いのではないでしょうか?

あまりオイリーなクリームを塗りすぎるのも良くありませんが、洗顔をした後は、さっぱりとしたオイルフリーのローションを塗らないと、肌が乾燥してニキビの原因になってしまいます。

普段から正しいスキンケアを心掛けることで、ニキビを防ぐことができますよ。

 

関連記事