大人ニキビと思春期ニキビの違いは?大人ニキビの原因って何?

大人になってからできてしまう大人ニキビ。

社会人になってから顔にニキビができてしまうと、困ってしまう事が多いですよね。

大人になってからできるニキビは10代の頃にできるニキビとは違います。

若い頃のニキビは『ニキビ』大人ニキビは『吹き出物』と呼び方を変える場合もあります。

今回は「大人ニキビの原因」についてご紹介します。

 

思春期ニキビと大人ニキビの違い

思春期の若い頃にできるニキビは、若いので代謝が活発で、肌が活性化しています。

油分の分泌がされやすく、ニキビができやすいです。

逆に大人になってできるニキビは、様々な外的要因

・寝不足
・食生活の乱れ
・生活習慣の乱れ
・ストレス
・化粧

などでできやすい環境といえます。

 

ホルモンバランスの乱れニキビの原因に

女性に多い原因はホルモンバランスの乱れで、特に生活が乱れていなくても生理になったり妊娠したりするだけで状態が崩されるので、常に注意が必要です。

 

思春期ニキビのできやすい場所

また思春期のニキビは顔全体にできやすく、特に皮脂分泌が多いおでこや鼻にできやすいです。

大人ニキビのできやすい場所

多くはあごにできます。

生活習慣やホルモンバランスに原因があります。

 

 

大人ニキビの特徴

大人ニキビはあごにできやすく、20代以上になってからできるニキビは思春期特有のものではなく、大人になってからできる、様々な理由からできるニキビです。

不摂生な生活が原因

ニキビは食生活の乱れも多く関係しており、大人になると飲み会などの、暴飲暴食なども大きく関係しています。

特に油ものや甘いものを食べ過ぎた後や夜更かしなどの次の日は肌が荒れやすく、治りもゆっくりです。

 

ストレスが原因

特に働いている人は過度なストレスを受けていることが多いです。

たくさんのストレスを受け続けると体の中で男性ホルモンの割合が増えていき、そうなるとニキビができやすくなります。

 

乾燥肌が原因

また、ニキビは乾燥が原因でもできます。

肌が乾燥している場合、肌を乾燥から守ろうと、どんどん油分を出し、乾燥対策をしていないと肌が適切な油分状態が分からず、余分な油分を出し続けてしまいます。

そしてニキビができるというからくりです。

特に成長期を過ぎた肌はカラカラになりやすいので、しっかり保湿をしないと、肌はテカテカになるわニキビはできるわで大変なことになってしまいます。

 

大人ニキビの原因を見つけるプチ知識

大人ニキビがすでにできてしまっている状態で、乾燥からできているのか、油分が原因でできているのか分からないことがあります。

通常の基礎化粧品で改善が見られない場合は、乾燥以外の原因の可能性が高いので、乾燥対策以外に生活習慣の改善や食生活に注意してください。

 

 

大人ニキビは生活習慣からできる?

前述した通り、大人ニキビは生活習慣からの原因のケースが非常に多いです。

新陳代謝の低下が原因

大人になると、肌の代謝は落ちているため、乾燥しやすいのですが、食べ物や睡眠不足、ストレス等で非常にニキビができやすくなります。

また新陳代謝が低下したことで生理不順などが起きると、ホルモンバランスが崩されます。

量が多い・逆に少ないなどホルモンが偏ることもニキビができる原因になってしまい、ますますニキビができやすくなります。

 

スポンジやパフは清潔に

また化粧のときなどに使うスポンジやパフなども注意が必要で、スポンジやパフには雑菌が溜まりやすく、全く洗っていない状態だと雑菌が繁殖し、それを肌に付ける事によってニキビができやすくなります。

スポンジ、パフ、ブラシなど肌に付ける可能性のあるものは常に清潔に保つ様にしましょう。

日常の小さな事で大人ニキビは発生しやすいので、逆に言えば生活習慣を正せば、大人ニキビはできにくいと言えます。

 

 

大人ニキビの対処法の違い

もし生活習慣も規則正しくしていて、日常的に問題ない場合、脂性肌の可能性があります。

基礎化粧品が肌にあっていない可能性もあります。

過剰な油分も原因に

アンチエイジング用の化粧品を使用している場合、ものによっては乾燥を防ぐ為に、多く油分が入っている事があります。

自身の肌で充分油分が足りている状態の肌にそのような化粧品を使用している場合、油分過多でニキビができやすくなります。

 

基礎化粧品で調整できるプチ知識

ラインで基礎化粧品を使っている場合ですと、一番油分が多いクリームの使用をやめ、軽い乳液に変えたり、オイルフリーの化粧品に変えるだけでもニキビの改善が予想されます。

元々ニキビができやすい人の場合はニキビ専用の化粧品でしっかりケアをし、肌を清潔に保ち、規則正しい生活、食生活をするだけでニキビができる可能性が低くなりますよ。

 

大人ニキビは油断大敵!

大人ニキビは一度できてしまうと、すぐには治らない場合も多く、特にあご周りのニキビは赤く炎症を起こしやすい為、適切なケアをしないと、長引いたり跡が残りやすいです。

大人になると化粧をする機会も増え、なかなか適切なケアができない事も多いと思いますが、何が原因なのかをしっかり見定めたうえで、うまく自分で時間をつくりこまめな治療をしていくことが大事です。

 

関連記事