大人ニキビ対策のためのスキンケア方法とは?

ニキビには、思春期ニキビと大人ニキビがありますが、どのような違いがあるのでしょうか。

対策方法が異なるので、まずは両者の違いから確認していきましょう。

ここでは、大人ニキビの対策に必要なスキンケアについて解説していきます。

 

大人ニキビとは

大人ニキビとは、思春期以降にできるニキビです。

それに対して思春期ニキビは、10代の思春期にできるニキビです。

思春期には皮脂の分泌を促す成長ホルモンが多量に分泌されるため、ニキビができやすくなります。

思春期以降ではホルモンバランスが自然に整うため、ニキビができにくくなります。

しかし、ホルモンバランスは偏食や睡眠不足、飲酒や喫煙、ストレス、間違ったスキンケアなど様々な原因で崩れます。

そうしたときにできるのが大人ニキビです。

また、生活習慣が乱れることで肌の生まれ変わりのサイクル(ターンオーバー)が乱れ、古い角質が肌に残ることもニキビの誘引になります。

 

大人ニキビの症状

思春期ニキビは、皮脂の分泌が多いTゾーンだけではなく、顎など比較的皮脂腺が少ない部位にもできることが多いです。

それに対して大人ニキビは、


フェイスライン
首筋

などにできやすいといわれています。

 

大人ニキビの改善方法

 

思春期ニキビを改善するためには、過剰な皮脂を取り除き、肌の環境を整える必要があります。

これは大人ニキビでも同じことがいえますが、思春期ほど皮脂の分泌は活発ではないので、思春期ニキビ用の洗浄力が強い洗顔料を使うと、皮脂を落としすぎてしまう恐れがあります。

そもそも皮脂は肌を刺激から守る役割を果たしているので、皮脂を落としすぎると肌が刺激を受けやすくなります。

その結果、ニキビができやすくなったり、赤ニキビに進行しやすくなったりします。

 

大人ニキビ対策のためのスキンケア

大人ニキビの対策として、正しい方法でスキンケアしましょう。

まずは正しい洗顔料と洗顔の仕方をおさらいしましょう。

・洗浄力が強すぎないマイルドな洗顔料を使用
・ニキビ跡や色素沈着に効果が期待できるビタミンC誘導体が含まれたものを使用
・洗顔料で弾力のある泡を作る
・皮脂の分泌が多いTゾーンから乗せていき、円を描くように広げる
・体温と同じ36℃程度の湯ですすぐ
・しっかりすすいだら、柔らかいタオルで肌に残った水分を吸水

洗顔はこれで完了ですが、続いて保湿ケアをしてください。

洗顔後の肌は水分が失われやすくなっているので、化粧水や美容液で水分を補給して、乳液やクリームで蓋をしましょう。

 

生活習慣を改善しよう

どれだけ正しい洗顔を続けていても、根本の原因であるホルモンバランスの崩れを改善しなければ、何度でもニキビができてしまいます。

まず、十分な睡眠をとるようにしましょう。

肌は熟睡しているときに多く分泌される成長ホルモンによって再生されるので、熟睡できる環境づくりが肝心です。

夜中に目覚めてしまうのであれば、
ストレスが溜まっている
枕が合っていない
寒い暑い

といった原因が考えられます。

ストレスに関しては容易に解消することはできませんが、週に1回は自分の好きなことをして過ごす日を作りましょう。

また、運動することでストレスが解消され、さらに血行も促進されるのでおすすめです。

飲酒や喫煙もホルモンバランスやターンオーバーを乱す原因ですが、いきなり禁酒や禁煙をしてしまうと返ってストレスが溜まる恐れがあります。

喫煙に関しては、禁煙外来に通いながら少しずつやめていきましょう。

アルコールもやめられないのであれば、アルコール依存症の可能性があるので、早めにクリニックを受診してください。

 

食生活を改善しよう

大人ニキビは、次のような食生活を続けることでできやすくなります。

・脂質や糖質の摂り過ぎ

脂質や糖質は皮脂腺を刺激するので、皮脂が過剰に分泌されやすくなります。

・タンパク質の不足

タンパク質は肌に限らず筋肉や内臓、毛髪などをつくるために必要な栄養素です。

タンパク質が不足すると適切なサイクルで肌が作られなくなるため、古い角質が溜まりやすくなります。

・ビタミンの不足

ビタミンAビタミンB6は、ターンオーバーのサイクルを整える働きがあります。

これらの栄養素が不足すると、ターンオーバーが乱れやすくなります。

また、ビタミンB2には皮脂の分泌を抑える作用があります。

逆に、これらの栄養素を積極的に摂取することで、ニキビができにくい状態をつくることができるでしょう。

 

関連記事