背中のニキビ跡。皮膚科ではどういう治療をしてくれるの?

ニキビを放置したりかきむしったりすると、色素沈着を起こす恐れがあります。

悪化するとクレーターのニキビ跡が残ることもあるので、早めにクリニックで治療を受けることが大切です。

ここでは、皮膚科で受けられる背中のニキビ跡の治療について解説していきます。

 

背中ニキビの原因

背中ニキビは、生活習慣の乱れや食生活、乾燥など様々な原因が重なることで現れます。

ニキビは、毛穴に皮脂や古い角質が詰まり、それをマラセチア菌が栄養源にすることで起こります。

マラセチア菌に感染していない状態であれば、毛穴が詰まっただけの白ニキビと呼ばれる状態ですが、マラセチア菌が皮脂を遊離脂肪酸という刺激物質に変えると、炎症が起きて赤ニキビになります。

赤ニキビはセルフケアで改善させることは難しく、治った後にニキビ跡が残ることが多いといわれています。

 

ニキビ跡が残る理由

炎症をともなう赤ニキビや膿をもった嚢胞、炎症が周辺組織に広がった紫ニキビなどは、治った後にニキビ跡が残る可能性が高いといわれています。

逆に、初期の白ニキビであればニキビ跡が残る可能性が低いので、この段階でケアを始めることが大切です。

炎症や化膿した状態にまで進行すると、なぜニキビ跡ができやすくなるのでしょうか。

これは、炎症によって色素沈着が起こるためだと考えられています。

ここでいう色素とは、メラニン色素を指します。肌に刺激が加わると、肌の奥深くにあるメラノサイトからメラニン色素が分泌されます。

メラニン色素は、肌の奥深くにある真皮にまで刺激が到達しないようガードする役割を担っています。

メラニン色素=シミになる悪いもの、というイメージが定着していますが、本来は肌を守る重要な役割を果たすものです。

そして、メラニン色素は肌の新陳代謝によって自然に排出されるので、シミになることはありません。

しかし、新陳代謝が悪い状態では、メラニン色素を十分に排出することができず、色素沈着を起こしてしまいます。

 

クレーターのようなニキビ跡の原因

重度の炎症が起こると、真皮へのダメージを防ぎきることができなくなります。炎症によって真皮が傷つくと、クレーター状のニキビ跡が残ります。

これは、医学的には瘢痕(はんこん)と呼ばれるもので、多くの人を悩ませています。

クレーター状のニキビ跡を治すことは困難です。

また、複数の毛穴が繋がる毛包周囲瘢痕と呼ばれる状態になると、綺麗に治すことがさらに難しくなります。

 

ニキビ跡の皮膚科での治療

ニキビ跡はセルフケアで消すことは困難なので、早めに皮膚科を受診しましょう。

ニキビ跡の種類によって治療法が異なります。

・色素沈着
色素沈着を起こした皮膚を剥がすことで、改善が期待できます。ケミカルピーリングなど皮膚の表面だけを剥がす治療が適応されます・
・クレータータイプ
より奥深くにまで作用するレーザー治療などが必要になります・
・毛包周囲瘢痕
クレータータイプと同様に、レーザー治療などが必要です。

 

フラクショナルCO2レーザー

皮膚科で受けられるフラクショナルCO2レーザーは、約0.12mmの極小の穴を肌の表面に無数に空ける治療法です。

小さな穴を空けると、細胞分裂が活発になり、新しい肌が作られるのを促すことができます。

肌の奥深くから新しい皮膚が作られて、綺麗にニキビ跡が消えるといわれています。

1回の施術では効果を感じにくく通院が必要ですが、4~5回も受ければニキビ跡がかなり改善されるといわれています。

 

ニキビ跡を防ぐための治療法

色素沈着を防ぐために、ハイドロキノンの軟膏が処方されます。

これは、黒い色素であるメラニンを生産する酵素を阻害して、色素沈着を防ぐとされる薬です。

また、ビタミンC誘導体を含む化粧品やローションなどを処方されることもあります。

ビタミンC誘導体は、本来肌に浸透しにくいビタミンCを浸透しやすい物質に加工したもので、肌に浸透後にビタミンCに変わります。

また、あわせてピーリングを行うのも色素沈着を防ぐのに効果的です。

 

背中のニキビ跡のセルフケア

背中のニキビ跡のセルフケアとして、これ以上肌にダメージを与えないように過ごすことが大切です。

背中が見えている服の着用を避け、紫外線対策をしましょう。

また、肌の再生に役立つタンパク質やビタミン類を積極的に摂取することも大切です。

規則正しい生活や熟睡できる環境づくりを心がけましょう。

また、自宅で行うホームピーリングも効果的です。細かい粒子で角質を剥がすスクラブ系のものは色素沈着を招く恐れがあるので、フルーツ酸系のピーリング剤を使いましょう。

ピーリング剤を塗ってすぐに落としてしまうと効果を得られないので、2~3分待ってから洗い流しましょう。

 

セルフケアと皮膚科での治療を併用する際の注意点

皮膚科でレーザー治療やケミカルピーリングを受けた後は、肌が非常に敏感になっています。

このときにホームピーリングを行うと、肌に大きな負担がかかり、症状が悪化する恐れがあります。

医師の指示に従って治療を受けましょう。

関連記事