ニキビ跡で残った色素沈着を消したい!どんな治し方や治療方法がある?

ニキビは青春の証といいますよね。

思春期はニキビができやすく、昔はニキビに悩まされたなぁなんて人も多いのではないでしょうか。

そんな青春の証の痕跡が、いまだに顔に残っちゃってる、なんてことありませんか?

また、成人以降にできた大人ニキビが色素沈着のような跡になり、

鏡を見るたびに気分が滅入る人も少なくないはず…。

そんな人たちのために、今回はニキビ跡の治療法について。

とりわけ、色素沈着のように残ってしまったニキビ跡の対策方法についてお話します。

 

ニキビ跡あれこれ

まずはニキビの経過から

跡が残る原因
そしていろんな種類のニキビ跡

など、ニキビ跡のあれこれについて説明しますね。

 

ニキビの経過

ニキビの始まりはとてもひっそりとしたもの。

ニキビの発生は知らぬ間に起こっており、気が付いた時にはすでにそれなりの段階に進んでいることが多いのです。

そんなニキビの経過は以下の通り。

 

第1段階:ニキビのはじまり

男性ホルモンや皮脂が分解されるときに出来る物質の影響で角層に異常が発生し、

厚く硬くなった角質のせいで毛穴の出口が狭くなる。

 

第2段階:いわゆる白ニキビの発生

毛穴の出口が狭くなった結果、皮脂が毛穴の中にたまりそれを餌にアクネ菌が繁殖する。

見た目が少し白く、ぷっくりとしだす。

 

第3段階:炎症が起こる

アクネ菌の繁殖により毛穴の中が炎症を起こして赤く腫れあがる。

赤ニキビの状態。

同時に、毛穴の中や周辺に白血球が集まりアクネ菌を攻撃し始める。

その後、場合によっては膿や熱を持つこともある。

 

第4段階:毛穴の崩壊

白血球の攻撃が間に合わなくて炎症が進むと、毛穴の壁が壊れて炎症が大きくなることも。

毛穴をいくつも跨いだように赤く腫れるのが特徴。

このように大きくなった炎症は最終的に凹んでクレーターのような跡が残る場合もある。

すべてのニキビが上記の第4段階まで進むわけではありません。

第2段階の時点で上手にニキビの芯を取り出してあげれば綺麗に治る場合もあります。

 

ニキビ跡はどうしてできるの?

ニキビ跡ができるかどうか
そしてどんな跡になるか

は、できたニキビの種類や生まれ持った肌質によっても変わってきます。

確実なことはただ一つ。

ニキビに対して

誤ったケアをしたり
ニキビの悪化を招くような行動
または毛穴の崩壊を促進するようなこと

をすれば、ニキビの跡が残る確率は格段にアップします。

生まれ持った肌タイプを根っから変えるのは難しいですが、

自分の肌タイプを理解したうえで、正しいケアと治療を行うことがニキビ跡の予防になるということです。

 

いろんなニキビ跡

また、一口にニキビ跡といっても、

大きく分けて4つの種類があります。

ここではそれぞれについて、簡単に説明しますね。

 

赤み

最もポピュラーなニキビ跡とも言えます。

ニキビが赤く腫れた後、すっかり治ったはずなのに赤みだけ残ってしまったというもの。

数が多いと赤み自体がニキビのようにも見え、お肌の見映えが悪くなってしまいます。

基本的には時間をかければ徐々に薄くなります。

要する期間は人それぞれですが、場合によっては数年かかる場合もあるとか…。

また、その間に紫外線を浴びると色素沈着を起こしてしまう場合もあります。

赤み自体はメラニン色素によるものではないので、一般の美白化粧品は効きません。

 

シミ

ニキビが治った後に茶色いシミになってしまうタイプ。

これは炎症性色素沈着の一種で、

ニキビによる炎症がひどい場合
患部に摩擦などの刺激を与えすぎ

で発生します。

特に、皮膚が厚く血行が悪くなりがちな

口元
顎周り

などの顔の下部分にできやすい特徴があり、日光にあたると濃くなってしまいます。

紫外線対策をしっかりと行い、正しいスキンケアを行えば年単位で薄くなっていくと言われています。

 

陥没

いわゆるクレーターと呼ばれるもので、ニキビ跡の中では最も手ごわいと言われています。

これはニキビによる炎症が一つの毛穴にとどまらず広がり、皮膚が溶けるたようになった結果です。

つまり、皮膚が一部なくなった状態ですので、完全に治すことは非常に難しいということです。

しかし、改善方法はあります。

定期的なピーリング
コラーゲンを強化するケア

を続けることでコラーゲンが増強し、下から皮膚を持ち上げてくれます。

これにより、ある程度陥没の段差を小さくすることができるのです。

陥没が大きい・深い場合には、美容皮膚科などで医師に相談し、適した施術を受ける他ないといえます。

 

肥厚性瘢痕

クレーターとは逆に、ニキビ跡が盛り上がって残ってしまうタイプで、


顎下

に近い部分にできることがあります。

これはケロイドのようなものなので、できやすさは体質によって異なります。

ニキビが治った直後に盛り上がる場合
治ってから数日~数週間後に盛り上がる

こともあります。

手で触るとなんとなくしこりのような、何かが詰まっているような感触がしますが、

むやみに弄ったり詰まっているものを押し出そうとしないこと。

肥厚性瘢痕の場合は中に皮脂などが詰まっているわけではなく、弄ることで余計にひどくなる場合もあります。

 

色素沈着を消したい!

前項では4種のニキビ跡についてお話しました。

その中でもシミ(炎症性色素沈着)になって残るタイプは、

できやすい
お肌の印象を曇らせる
場合によっては年齢とともに濃くなる

ということも…。

若々しいお肌を保つためにも、ぜひともこの色素沈着、なんとかしたいですよね!

でも、どうやって治せばいいのでしょう?

 

どうやって治せばいい?

前述の通り、基本的に色素沈着はターンオーバーによって時間の経過とともに薄くなります。

また、ビタミンC誘導体など、通常の美白化粧品を使ったケアも有効。

それに加えて定期的なピーリングをケアに取り入れれば、非常に早く効果が表れます。

おすすめのセルフケアは、ビタミンC誘導体をイオン導入して定期的にピーリングを行う事。

家庭用のイオン導入機は最近ですと数千円で購入できますし、ピーリングアイテムは市場にもたくさん溢れています。

いい機会ですので、お持ちでない方は是非ゲットしてみてください。

そして何より大切なのは、日々の紫外線対策です。

シミの上から日焼けをするとシミが消えづらくなったり、さらに濃くなったりしてしまいます。

特に怖いのは「うっか日焼け」。

ちょっとコンビニまで、ちょっとゴミ捨てだけ、なんて時でも、季節を問わずきちんと紫外線対策をしてくださいね。

 

美容皮膚科で治療する?

セルフケアではなかなか治らない!
もっとスピーディーな効果が欲しい!

なんて思っている方は、美容皮膚科を受診しましょう。

美容皮膚科といえば、まず思い浮かぶのはレーザー治療!

だけどちょっとストップ!

実は、レーザーは炎症性色素沈着には効果を発揮しないのです。

美容皮膚科で受けられる炎症性色素沈着の治療法は、まずピーリング。

ピーリングは自宅でも行うことができますが、やはりセルフケアではある程度限界があります。

より高い効果を望むならクリニックに通い、専門医によるピーリングを定期的に受けるようにしましょう。

また、ビタミンC誘導体のイオン導入はセルフケアでも挙げさせていただきましたが、

クリニックで行うビタミンCのイオン導入なら効果はより確実です。

他にも

塗り薬
飲み薬

の処方など、症状や肌質、体質によって治療方法は様々。

意志と相談しながら確実な治療方針を探せるので、やはりクリニックは安心ですよね。

 

一番大切なのは予防

最後にひとつだけ。

ニキビ跡を残したくないならば、ニキビができたら早い段階で適切な処置をすること。

そしてなによりも一番大切なのは、当然ですがニキビをきちんと予防することです。

大人ニキビは

ストレス
過労
生活習慣
ホルモンバランスの乱れ

などで発生します。

ニキビができやすい人は、自分の生活習慣を振り返って食事や睡眠習慣を見直してみましょう。

また、間違ったスキンケアもニキビを発生させるもとになります。

過剰に油分を与えていたり
過度に乾燥していたり

お肌は不変ではなく、日々変化します。

季節や気温・湿度、その日の体調はすぐにお肌に影響しますので、その日のお肌の調子によって適したスキンケアを選択できるようにしましょう。

スキンケアに自信のない人は、コスメカウンターなどで相談してみるのもいいですね。

何件か周ってみれば自分の肌の傾向も見えてきますし、相性のいいアイテム・メーカーも見つかるでしょう。

 

まとめ

今回はニキビ跡、とりわけ色素沈着系のニキビ跡についてお話しました。

まとめると以下の通りです。

・ニキビ跡の残りやすさは体質にもよる
・ニキビ跡には4つのタイプがある
・色素沈着はピーリングと美白化粧品を!
・困った時にはクリニックへ
・生活習慣を見直してニキビ予防!

ニキビ跡の予防にはニキビ予防が一番!

毎日の努力の積み重ねが明日の美肌に繋がることを忘れないでくださいね。

関連記事