早めの治療が大切!”白ニキビ”の原因と治し方とは?

白ニキビは赤ニキビや黒ニキビの前段階であるため、早めに治療を開始することで赤ニキビや黒ニキビを防ぐことができます。

赤ニキビになると、ニキビ跡が残る可能性もあるので、早めに治療を開始することをおすすめします。

ここでは、白ニキビの原因と治し方について解説していきます。

 

白ニキビとは

白ニキビは、古い角質や皮脂が毛穴に詰まった状態のニキビで、放置すると古い角質や皮脂がどんどん溜まって膨らんでいきます。

赤ニキビとは違い、炎症は起きていません。

また、毛穴は古い角質や皮脂に限らず、シャンプーやリンス、ファンデーション、空気中の塵などでも塞がれます。

シャンプーやリンスが身体について、そのまま流さずに上がってしまったり、ファンデーションを擦りつけたりしたときに起こります。

白ニキビは、赤ニキビや黒ニキビの前段階であり、すぐに治療を開始することで悪化を防げる可能性があります。

 

黒ニキビや赤ニキビへの悪化

黒ニキビは、毛穴に詰まった皮脂が酸化して黒くなったもので、いわゆる角栓と呼ばれているものです。

酸化していないものも角栓と呼びますが、黒くなることで目立つようになるため、黒くなってから角栓と呼ぶのが一般的です。

この状態で毛穴にアクネ菌やマラセチア菌といったニキビの原因菌が入り込むと、炎症を起こして赤ニキビを招きます。

ニキビの原因菌は、皮脂を栄養源に増殖するのですが、皮脂を分解して遊離脂肪酸を作ります。

遊離脂肪酸は肌に刺激になるため、炎症を起こして皮膚が赤くなります。

つまり、炎症をともなうニキビを赤ニキビといいます。

 

白ニキビの治療

クリニックでは、白ニキビに対して有効な治療を受けることができます。

治療法としては、

外用剤の塗布
内服薬の服用
面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)
ケミカルピーリング
ホルモン療法

などです。

面皰圧出

毛穴を塞いでいる皮脂や古い角質を取り除く治療です。
レーザーなどで白ニキビの先端に穴を開け、面皰圧出器で角栓を押し出します。
これは、自宅でもできるケア方法ですが、使用する器具や手を清潔にしなければ毛穴に雑菌が侵入して炎症を招く恐れがあるので、リスクを考えると実行しない方がよいでしょう。

外用剤、内服薬

抗炎症剤を塗ることで、炎症を防ぎ、毛穴のつまりを改善できる可能性があります。
だいたい2週間程度で白ニキビの改善が期待できます。
しかし、アレルギー体質の人は副作用が現れる可能性があるため、よく検討することをおすすめします。
また、薬によって保険適応の有無が異なるので、事前に説明を受けましょう。
外用剤では十分な改善が見込めない場合には、内服薬を併用します。

ピーリング

ピーリングとは、肌の古い角質を取り除く処置を指します。
自宅で行うホームピーリングとクリニックで行うケミカルピーリングがあります。
ホームケアで使用するピーリング剤は比較的弱い成分を使用しているため、白ニキビそのものを治す効果は期待できません。
ただし、白ニキビの予防には一定の効果が期待できます。
クリニックでは、強い成分を使用するため、白ニキビの改善が期待できます。
しかし、肌の赤みなどのダウンタイムがあるので、仕事柄受けることができない場合があります。

ホルモン療法

ニキビは、男性ホルモンが優位になることで皮脂の分泌が過剰になり、毛穴を詰まらせることで発生します。
男性ホルモンが優位な状況を改善するために、ホルモン療法を検討することがあります。
女性ホルモンやそれに似た物質を投与してホルモンバランスを整えます。
このような治療は、何度もニキビが再発する人におすすめです。

 

白ニキビのセルフケア

白ニキビを早期に改善するために、次のようなセルフケアを行いましょう。

栄養バランスに優れた食事を摂る

ビタミンA
ビタミンB群
ビタミンC
ビタミンE

は、ターンオーバーの促進や皮脂の分泌抑制、抗酸化作用など肌によい様々な働きがあります。
これらを積極的に摂取して、栄養バランスに優れた食事を摂ることを心がけましょう。
また、1日3食規則正しく摂ることも大切です。
食事を抜くと、次回の食事でカロリーを普段以上に摂取してしまうので、中性脂肪が溜まりやすくなります。
中性脂肪の蓄積は皮脂の過剰分泌に繋がります。

ストレスを避ける

ストレスを感じると男性ホルモンが優位になるので、できるだけストレスを避けて生活することが大切です。
ストレスを受けてしまうのは仕方のないことなので、週に1回は趣味に没頭したり休息したりして、ストレスを解消させましょう。

十分な睡眠をとる

十分な睡眠をとることでストレスが緩和され、ホルモンバランスを整えることができます。
しかし、睡眠時間を確保できないという人もいるでしょう。その場合は、日中に少しでも寝る時間を作り、熟睡するようにしましょう。
熟睡すると成長ホルモンが分泌されて、ニキビの改善が期待できます。

白ニキビはセルフケアだけで改善できる可能性がありますが、安易に考えていると赤ニキビを招き、ニキビ跡が残ってしまう恐れがあります。

ニキビ跡を残したくないのであれば、クリニックを受診した方がよいでしょう。

関連記事