白ニキビはなぜできる?その治し方や予防法は?

ニキビはいろんな種類があり、それぞれにできる原因や治し方も違います。

ここではその中でも「白ニキビ」について説明します。

白ニキビで悩んでいる方はぜひ注目してくださいね。

白ニキビって何?

白ニキビとは、どのようなニキビなのでしょうか?

よく誤解されがちなのが、白っぽく膨らんだニキビが白ニキビと思われてしまうことです。

毛穴の中に皮脂が溜まり白く膨らんでいるニキビは「黄色ニキビ」で、このニキビの中に溜まっているのは膿です。

膿が溜まってバイ菌が入り込んでおり、白く膨らんでいる周りが炎症を起こして赤くなっていることもあります。

白ニキビは、実は白くはなく色のないニキビで、炎症にもなっていません。

コメドと言われる角栓が毛穴に詰まり、毛穴の中に皮脂が閉じ込められている状態のニキビです。

この状態が続くだけならば、ニキビ跡が残ることもなくあまり害はありません。

ところが、大体が炎症を起こして赤ニキビや黄色ニキビに発展します。

そうなると、痛みを伴ったりニキビ跡が残りやすくなったりします。

そうなる前に、正しい対処をする必要があります。

 

白ニキビはなぜできるの?

白ニキビはなぜできるのでしょうか?

普段の肌の状態によって、その原因は変わります。

普段のあなたの肌の状態を確認し、それぞれのケースの白ニキビの原因について見てみましょう。

肌荒れなどもなかったのに急にできた

今まで肌荒れもなく、ニキビも出ることはなかったのに、

最近になって急に白ニキビが増えてきたという人に考えられる原因は以下の通りです。

・ストレスや食生活の乱れによる皮脂の過剰分泌
・ストレスや加齢による肌のターンオーバーの乱れにより毛穴に角質が詰まりやすくなった

あなたの最近の生活習慣に何か異変は起きていませんか?

「そういえば、最近仕事で疲れている」

「外食が増えた」

など、ストレスや食生活の乱れが起こると、皮脂が過剰に分泌しがちです。

肌には自ら肌を綺麗にするターンオーバーという作用もあるのですが、体がストレスを受けたり年をとったりすると鈍くなってしまいます。

そうすると古い角質が落ちず毛穴に入り込んでしまうことがあります。

これも白ニキビの原因のひとつです。

普段から他にもニキビがある

普段からニキビが発生しがちな人は、慢性的なニキビ肌になってしまっているのかもしれません。

そういう人は、自分の生活スタイルを見直してください。

例えば顔の洗い方、スキンケア、保湿などが間違っていると、それが毎日降り積もって肌に常にダメージを与えていることになります。

洗顔をしすぎたり保湿不足になったりすると、かえって皮脂が過剰に分泌されるのです。

そのため、ニキビが発生しやすくなります。

ずっと肌が乾燥していた

もともと乾燥肌である、または、最近肌の乾燥がひどいという人は、

肌が乾燥しすぎることによって肌自身が自分を守ろうとして皮脂を過剰に分泌している可能性があります。

すると、白ニキビが発生しやすくなります。

 

 

白ニキビができたらどう対処すればいいの?

次は気になる、「白ニキビができた場合」について説明していきます。

つぶすのはダメ

白ニキビは、要は毛穴にゴミが溜まっているだけの状態ですから、そのゴミ(角栓)を取ることさえできれば治ります。

ところが、毛穴の詰まりが解消するだけなら良いのですが、つぶす際にはどうしても爪や綿棒で抑えなければなりません。

その際に、肌を痛めてしまうのです。

また、角栓が抜けた後毛穴が開きっぱなしになるのも問題です。

しっかりと毛穴を化粧水などで引き締めれば良いですが、そのまま放置してしまうと毛穴が開きっぱなしになって、次のニキビを生んでしまうのです。

正しい洗顔と保湿ケア+ピーリング

結局のところ、正しく洗顔をしてしっかりと保湿ケアをする、ということを毎日欠かさず続けるのが、白ニキビ解消の近道です。

詰まっているのがアカとして落ちるはずだった古い角質な場合は、ピーリングという方法があります。

ピーリングをすると、肌に溜まった古い角質が取り除かれ、新しい肌の再生を促します。

そうすることで、毛穴の詰まりが起こりにくくなるのです。

 

 

白ニキビの予防法は?

白ニキビを普段から予防する方法も、やはり、正しい洗顔と保湿ケアです。

特に顔がテカりやすい人は普段からたくさん皮脂が出ているので、当然毛穴にも入りやすくなります。

つまり白ニキビができやすい土壌ができてしまっているので、皮脂を落とすための正しい洗顔とスキンケアが大事です。

また、一日の肌の汚れをきちんと落とすことで、肌のキメが整って毛穴が詰まりにくくなります。

なお、洗顔料を使った洗顔は、夜の洗顔の時のみでOKです。

朝は寝ている間に自然に分泌された皮脂をそのままにするために、水かお湯のみの洗顔にしましょう。

朝も夜も洗顔料でばっちり皮脂を落とし切ってしまうと、肌が乾燥しすぎて肌トラブルの原因になります。

 

関連記事