植物性乳酸菌と動物性乳酸菌、それぞれの効果や違いは?

乳酸菌には、植物性乳酸菌と動物性乳酸菌があります。

乳酸菌には、お腹の調子を整える働きがあることが知られていますが、それによってニキビの改善や予防にも効果が期待できるのです。

ここでは、植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の違いやニキビへの効果について解説していきます。

乳酸菌とは

乳酸菌とは、糖を分解して乳酸を再選する微生物のことで、次の条件に当てはまるものを乳酸菌と呼びます。

・ブドウ糖を分解して作り出すものの半数以上が乳酸
・菌の形が円柱状か球状
・グラム染色によって陽性反応が出る
・酸素がある環境でも生存できる
・毒性物質を生産しない

乳酸菌は、人の腸内だけではなく、牛の腸内にも存在します。

また、漬物や乳製品などの発酵食品にも存在しているため、人は特に意識しなくても少量ずつ乳酸菌を摂取している傾向があります。

なお、乳酸菌には

・動物性乳酸菌
・植物性乳酸菌

があります。

 

動物性乳酸菌とは

動物性乳酸菌とは、ヨーグルトやチーズなど動物性の食品を発酵させる乳酸菌のことで、食品の旨味や風味を高める働きがあります。

動物性乳酸菌が発酵させて作る動物性食品には、次のようなものがあります。

・ヨーグルト

乳酸菌の数が1mlあたり1000万個以上含むものと定義づけられています。

ハードヨーグルトやソフトヨーグルト、ドリンクタイプ、フローズンヨーグルトなどがあります。

 

・乳酸菌飲料

1mlあたり100万個以上の乳酸菌を含むものと定義づけられています。

 

・チーズ

ナチュラルチーズとプロセスチーズがあり、生きた乳酸菌はナチュラルチーズに含まれています。

 

・発酵バター

乳酸菌に発酵させたバターや生クリームから作られたバターです。

 

植物性乳酸菌とは

植物性乳酸菌は、大豆やキュウリ、キャベツといった植物性の食品を発酵させる乳酸菌です。

植物性乳酸菌は、次のような食品に含まれています。

・漬物

塩漬けや味噌漬けなど十分に発酵された漬物に含まれています。

発酵する際には乳酸が必要ですが、野菜などから出た糖分を分解して乳酸を作り出します。

 

・キムチやザーサイなど

日本食に限らず、キムチやザーサイ、ピクルスなど様々な食品に植物性乳酸菌が含まれています。

 

・発酵調味料

醤油や味噌は、大豆に塩や麹を混ぜて発酵させて作ります。

漬物とは違い、出荷前に殺菌処理されるため、生きた乳酸菌が含まれていないことが特徴です。

しかし、乳酸菌は生きて腸まで届かなくても効果を発揮するので、大きな問題ではありません。

 

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の違い

植物性乳酸菌は、動物性乳酸菌と比べて酸性やアルカリ性の環境に強いため、腸まで生きて届きやすいといわれています。

生きて腸まで届けば、それだけ高い効果が期待できます。

動物性乳酸菌は植物性乳酸菌よりも胃酸などに弱いのですが、植物性乳酸菌よりも摂取しやすいというメリットがあります。

また、商品によっては動物性乳酸菌を強化して生きて腸まで届くようになっているものもあるので探してみるとよいでしょう。

 

乳酸菌の効果

乳酸菌の効果は次のとおりです。

・整腸作用

腸内には、悪玉菌と善玉菌、日和見菌がバランスをとって存在しています。

悪玉菌が善玉菌よりも多くなると、便秘や下痢などの症状が現れます。

乳酸菌は善玉菌に属しているため、乳酸菌を摂取することで腸内の善玉菌を増やし、便秘や下痢を解消できます。

また、乳酸菌が作り出す乳糖が腸壁を刺激することも、乳酸菌の摂取が便秘の解消に繋がる理由の一つです。

 

・免疫力を高める

腸管には、全体の約60%もの免疫細胞が存在しているため、腸内環境を整えることで免疫力を高めることに繋がります。

 

・ニキビ予防

便秘が長引くと便が腐敗して有害物質を出すようになります。

有害物質は毛穴などから体外へ排出されるのですが、肌細胞が有害物質の排出に手をとられてしまうと、肌の新陳代謝が低下してしまいます。

肌の新陳代謝が低下すると角質が厚くなり、毛穴を詰まらせてしまう恐れがあります。

毛穴が詰まり、そこに皮脂が溜まると、それを餌にアクネ菌が増殖して赤ニキビを引き起こします。

 

どちらの乳酸菌がニキビに効果的?

ニキビに対しては、動物性乳酸菌よりも植物性乳酸菌の摂取が有効とされています。

これは、ニキビが一時的な症状であるためです。

植物性乳酸菌は継続的に摂取することが難しいですが、生きて腸まで届くため、それだけ高い効果を発揮します。

短期的に植物性乳酸菌を摂り、ニキビを治してしまうことが大切です。

そして、動物性乳酸菌を継続的に摂取して、ニキビを防ぐという方法がよいでしょう。

ヨーグルトを毎朝食べるようにして、漬物やキムチなどを1日1回は献立に加えることをおすすめします。

乳酸菌は3~4日で排出されるので、ニキビの予防を続けるためには、継続的に摂取し続ける必要があります。

乳酸菌を摂取することに躍起になり、ストレスが溜まってしまってはニキビができやすくなるので、無理しなくても続けられる方法を模索しましょう。

関連記事