植物性乳酸菌ってどんな種類がある?それぞれの効果は?

乳酸菌と言えばお腹の調子を整えてくれるものというイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。

実は、他にも様々な健康効果が期待できるのです。

また、

  • 植物性乳酸菌
  • 動物性乳酸菌

があります。

ここでは、植物性乳酸菌の種類や効果などをご紹介します。

腸内の善玉菌と悪玉菌

腸内には、

  • 善玉菌
  • 悪玉菌
  • 日和見菌

がバランスをとって生息しています。

日和見菌は、多い方の菌の味方をするため、特に問題にはなりません。

悪玉菌よりも善玉菌が多い状況にあると、

  • 便秘や下痢になりにくく
  • 免疫力も高くなる

のです。

逆に、悪玉菌が善玉菌よりも多い状況では、

  • 便秘や下痢
  • 免疫力の低下
  • 肌荒れ
  • ガスが溜まる

などの症状が現れます。

このような状況で肌荒れが起こりやすくなるのは、腸内に溜まった便から出た有害物質による影響です。

行き場を失った有害物質は毛穴から排出されます。

そのときに、肌の細胞が有害物質の排出に追われることで、

  • 肌の環境を保ったり
  • 新陳代謝によって古い角質を剥がしたり

する働きが低下し、肌が刺激に弱くなるのです。

善玉菌が悪玉菌よりも多い腸内環境を維持して、健康な身体を作りましょう。

乳酸菌は善玉菌の一種

  • 身体に悪影響を及ぼす菌を悪玉菌
  • よい影響を与える菌を善玉菌

といいます。

乳酸菌は善玉菌の一種です。

腸内で善玉菌として働くだけではなく、

  • 食物繊維をエサにして乳酸を作りだし
  • 善玉菌を増やす

働きもあります。

そして、悪玉菌が増殖しにくい環境を作り、腸内環境を整えるのです。

乳酸菌を一度に多量に摂取しても、すぐに排出されてしまいます。

そのため、毎日継続的に乳酸菌を摂ることが大切なのです。

植物性乳酸菌とは

乳酸菌には、

  • 植物に含まれている糖質から乳酸を生産する植物性乳酸菌
  • 乳糖から乳酸を生産する動物性乳酸菌

があります。

植物性乳酸菌は、

  • しょうゆや味噌などの発酵調味料
  • キムチ
  • 漬物

などに含まれています。

それに対して、動物性乳酸菌は

  • ヨーグルト
  • チーズ
  • 発酵バター

などの動物性食品に含まれているのです。

植物性乳酸菌の効果

植物性乳酸菌は

  • アルカリの環境

に対して強いため、

  • 胃酸
  • 胆汁

によって消化されることなく腸までたどり着ける可能性が高いのです。

また、腸内でも活発に働いて様々な健康効果をもたらしてくれます。

腸内環境を整えることで

  • 便秘や下痢を解消したり
  • 免疫力を高めたり

する効果が期待できます。

なぜ、腸内環境が整うと免疫力がアップするのかというと、免疫細胞の大部分が腸内にいるためです。

腸内環境が整うことで免疫が活発に働くようになり、

  • 感染症
  • がん
  • アレルギー

などのリスクが低下します。

ここで気になるのが動物性乳酸菌の効果ではないでしょうか。

動物性乳酸菌は、植物性乳酸菌と同じような効果を持ちますが、

  • 胃酸
  • 胆汁

に弱いため生きて腸までたどり着ける可能性が低いのです。

ただし、死んでしまっても腸内で植物性乳酸菌と同じように働くということが最近の研究でわかっています。

植物性乳酸菌の種類

植物性乳酸菌には、次のような種類があります。

リューコノストック・メセンテロイデス菌
漬け物の酸味を作り出す乳酸菌です。腸内を酸性にして悪玉菌が増殖しにくい環境を作ります。

ラクトバチルス・ブレビス菌
腸まで届いて整腸作用や免疫力アップなどの効果を発揮します。

エンテロコッカス・フェカリス菌
免疫細胞であるナチュラルキラー細胞を活性化させ、がんリスクを低下させるといわれています。

ラクトバチルス・プランタラム菌
ザワークラフトというキャベツの漬物から発見された植物性乳酸菌です。

ラブレ菌
京都の漬物である「すぐき漬け」から発見されました。

K1株
に含まれており、大腸がんの予防効果があるといわれています。

K2株
酒粕に含まれている乳酸菌です。

S-PT84株
プロテクト乳酸菌と名付けられており、他の植物性乳酸菌と比べて細胞壁が厚いため、生きて腸まで届きやすいといわれています。

LP28株
メタボリック症候群の改善効果が期待できるという植物性乳酸菌です。

SN35N株
胃炎の予防効果があるといわれています。梨(ナシ)に含まれています。

このように様々な植物性乳酸菌があります。

乳酸菌によって効果が異なりますが、

  • 整腸作用
  • 免疫力アップ

についてはどの乳酸菌にもあります。

食物繊維を摂ろう

食物繊維を摂ると、善玉菌が増加します。

同時に悪玉菌の減少をもたらすため、腸内環境を整えることができるのです。

また、

  • コレステロールを包み込んで排出させたり
  • 糖の吸収を抑えたり

することで、生活習慣病のリスクを下げる働きもあるといわれています。

さらに、大腸がんのリスクを下げるとの報告もあります。

乳酸菌を積極的に摂るのもよいですが、発酵食品は大量に摂ることが難しいです。

乳酸菌だけに頼るのではなく、食物繊維も一緒に摂るとよいでしょう。

関連記事