”植物性ナノ型乳酸菌”ってどんな成分?

ニキビは、腸内環境が悪化したときにできやすくなります。

乳酸菌を摂取することで腸内環境を整えることができるのですが、乳酸菌と言っても様々な種類があります。

ここでは、植物性ナノ型乳酸菌について解説します。

乳酸菌とは

乳酸菌とは、糖を分解して乳頭を作り出す菌の総称で、人や牛の腸などに存在します。

乳酸菌には植物性と動物性がありますが、これらに効果の違いはありません。

ただし、動物性乳酸菌が胃酸や胆汁により死んでしまいやすいのに対し、植物性乳酸菌は生きて腸まで届きやすいとされています。

生きて腸まで届いた方が高い効果を発揮できると考えられているのですが、最近では生きて腸まで届く動物性乳酸菌も開発されているので、

両者に明確な違いがなくなってきています。

 

植物性ナノ型乳酸菌とは

植物性乳酸菌は、漬物やキムチ、醤油や味噌などに含まれています。

それに対して動物性乳酸菌は、ヨーグルトやチーズなどに含まれています。

ナノ型乳酸菌とは、1ミクロン以下の粒子がバラバラになるよう加工された殺菌乳酸菌です。

乳酸菌そのものは死んでいますが、乳酸菌の粒子が腸壁の免疫細胞に働きかけて、整腸作用や免疫力の向上など様々な効果を発揮するので、殺菌されていても効果を発揮します。

また、粒子は小さければ小さいほど身体に取り込まれやすいため、ナノ型乳酸菌は効果が現れやすいとされています。

 

植物性ナノ型乳酸菌でニキビを予防しよう

植物性ナノ型乳酸菌を含む健康食品を継続的に摂取することで、ニキビの改善が見込めます。

これは、乳酸菌の効果によって便秘が解消されるためです。

そもそも、なぜ便秘によってニキビができるのかみていきましょう。

便秘とは、腸内が蓄積されて固まってしまった状態です。

便は老廃物であり、時間が経つと腐敗して有害物質を放出し始めます。

有害物質は行くところがなくなり、毛穴から少しずつ排出されます。

この排出させる機能を果たす肌細胞は、肌の新陳代謝の機能もつかさどっています。

そのため、有害物質の排出に手をとられることで、肌の新陳代謝がうまくいかなくなり、古い角質が肌に蓄積しやすくなります。

毛穴の周りに古い角質が蓄積すると、毛穴を塞いでしまい、皮脂が詰まりやすくなります。

皮脂は、ニキビの原因となるアクネ菌の餌になり、増殖したアクネ菌が皮脂を分解して遊離脂肪酸を作り出し、炎症を引き起こすのです。

炎症が起きたニキビは赤く腫れるため、赤ニキビと呼ばれています。

このことから、便秘を解消して肌の新陳代謝を適切に保つことがニキビの予防につながると考えられます。

 

便秘が解消する理由

乳酸菌が糖から作り出す乳酸は、腸壁を刺激して腸のぜん動運動を活発にする働きがあります。

そのため、スムーズな排便が促され、便秘が解消されるというわけです。

また、善玉菌が増えると悪玉菌の増殖が抑制されるので、便秘の予防効果も期待できます。

 

腸内環境の悪化の原因

どれだけ植物性ナノ型乳酸菌を摂取して便秘を防ごうとしても、腸内環境が悪化しやすい生活を送っていると便秘や下痢になる可能性があります。

腸内環境は、次のような原因で悪化します。

・ストレス
・過労
・運動不足
・抗生物質の服用

これらの要因によって、体臭や口臭が強くなったり、免疫力が低下したりもするため、できるだけ避けることが大切です。

 

腸内環境を整える方法

腸内環境を悪化させる原因を取り除き、乳酸菌を摂取することで腸内環境を整えることができます。

・食生活を見直す

1日3食、栄養バランスに優れた食事を規則正しく摂りましょう。

そして、水分と食物繊維をしっかりと摂ってください。

食物繊維は乳酸菌の餌になるため、善玉菌を増やすことができます。

水は、便を形成するために必要であり、水分が少なすぎると便秘になります。

 

・適度な運動

適度な運動は自律神経を整えて、腸のぜん動運動を活発にします。

過度な運動はストレスにつながるので、ウォーキングなど軽い運動を行いましょう。

そして、腹筋トレーニングをして便を押し出す力を鍛えることがポイントです。

 

・ストレス解消

十分な睡眠をとり、趣味に没頭する時間を作ることでストレスを解消できるでしょう。

 

・マッサージ

腸を時計回りに「の」の字にマッサージすることで、排便を促すことができます。

軽く押すイメージでマッサージしましょう。

 

ニキビケアをしよう

ニキビの原因となる古い角質を取り除くために、週に1回の頻度でピーリングをしましょう。

ピーリングは、薬剤を肌に塗って古い角質を取り除く方法で、

・自宅で行うホームピーリング
・医療機関で行うケミカルピーリング

に分類されます。

ケミカルピーリングはホームピーリングよりも強い薬剤を使用するため、それだけ高い効果が期待できるのですが、

肌の赤みなどのダウンタイムがあるため、人と接する仕事をしている人は難しいでしょう。

ホームピーリングでは弱い薬剤を使用しますが、それだけ肌の赤みなどの症状があらわれにくいので、手軽に行うことができます。

関連記事