やめたいけどやめられない人へ。タバコをやめて良かったこと教えます!

『原則禁煙法案』という法律まで議論されるほど、世の中のタバコ事情は変わりました。

今や、堂々とタバコを吸えるお店の方が少ないのかもしれません。

そこで今回は、

「本当はやめたいけどやめられない!誰か私の背中を押して!」

と願っている人のために“タバコをやめて良かったこと”をご紹介します。

 

恋愛に関する良かったこと

“タバコをやめて変わったこと”の中でも、

“恋愛相手が変わる”

というのは大きい変化ではないでしょうか。

恋愛対象になれる

実は、『タバコを吸っている人』というだけで恋愛対象から外されてしまうことはとても多いです。

10年ほど前までは、「俺のことが好きならタバコぐらい我慢しろ」と言えたかもしれません。

でも、今は喫煙者がどんどん減っているということもあり、逆に「私のことが好きならタバコくらいやめられるでしょ!」という女性も増えているようです。

実際に、あるアンケートによると『好きになった人や恋人の喫煙についてどう思いますか?』という問いに対して、非喫煙者146人中129人が「できれば吸わないでほしい」「絶対に吸わないでほしい」と答えています。

参考URL:http://www.tokiomonsta.tv

また、こちらのアンケートでは約7割の社会人女性が『タバコを吸う男性は恋愛対象にならない』と答えていました。

参考URL:https://woman.mynavi.jp

外見や性格に関係なく”喫煙者”というだけで『恋愛対象外』だった人が、タバコをやめただけで『恋愛対象内』に入ることができるようになるというのは人生に関わる大きな変化ですよね。

恋愛相手や恋愛観が変わる

実は、タバコをやめると『自分も吸っていたクセに異常にタバコが嫌いになる』というのもよくある話。

その結果、先ほど紹介したアンケート結果のように、卒煙した人が『タバコを吸う人は絶対に恋愛対象にならない』というタイプになる可能性もあります。

中には『タバコを吸う友達との付き合いが減った』という人もいて、対人関係がガラッと変わることも少なくありません。

すると、これまでには知り合うことがなかったようなタイプの人出逢う、という変化も起こります。

もし、あなたがこれまでの恋愛であまり良い相手と巡り合えなかった過去があるとしたら、タバコをやめればその恋愛観が大きく変わる可能性もあります。

もしかしたら、タバコをやめたことがきっかけで運命の出逢いを果たす可能性だって出てこないとは言い切れません。

 

 

ストレスが減る

私の周りにも禁煙に成功した人は何人もいますが、ある女の子は禁煙した理由をこう説明しました。

「喫煙所を探したり喫煙できるカフェや居酒屋を探したりするのが大変で、タバコを吸うためにそういう余計なストレスが増えている気がする。タバコさえ吸わなければ何も考えずにお店に入れるのに、って思う。」

分煙のお店を見つけても、喫煙席がいっぱいで入れないという経験はありませんか?

もはや、ストレスを解消しているのかストレスを溜めているのか分からない!

と感じたことがあるなら、それは禁煙をする良いきっかけになるのではないでしょうか。

 

 

浮いたお金で贅沢ができる

タバコ代が浮く、というのは意外と大きなメリットです。

先ほどのアンケートで「できれば吸わないで欲しい」と答えていた女性の中にも、金銭的な理由で将来のために禁煙して欲しいと考えている人はいます。

もしタバコを毎日1箱以上吸っているとしたら、最低でも1ヶ月のタバコ代に13,000円ほどかかりますよね。

これは、時給800円で働いたときに置き換えると17時間分にもなる金額です。

もしこのお金が他のことに使えるなら…?

・回るお寿司屋さんなら2人で2~4回は行ける
・ハーゲンダッツなら50個くらい買える
・2人で1泊旅行ができる
・あと1,800円足せばTDRに大人2人で入れる

などなど、これだけのお金があれば意外と贅沢な使い方もできます。

1ヶ月分でこれですから、3ヶ月分くらい貯めておけばもっと贅沢な使い方ができるでしょう。

 

 

禁煙できない本当の理由

今は、喫煙している男性は全体の約30%、女性は約8%という数字が出ています。

参考URL:http://www.garbagenews.net

中でも30代~50代の割合が1番多いのですが、実はその大半が「やめたい」と考えているという調査結果もあるようです。

男性では55%、女性では56%が禁煙あるいは減煙を望んでいる。

引用元:http://www.garbagenews.net

では、一体なぜ「やめたい」と考えながら吸っているのでしょうか?

“やめたいけどやめられない”という状況に陥ってしまう理由の1つが、みなさんがよく耳にする「依存症」ですね。

でも、「依存症」を理由に禁煙しない人の場合は、

“依存症だからやめられない”というよりは

“自分から依存を望んでいる”

という可能性もあると考えられます。

なぜなら、実際に禁煙に成功している人の多くは施設に入ったり薬を処方してもらったりすることなく禁煙に成功しているからです。

つまり、本当に禁煙したければ何かしらの行動に出るし、その気持ちが本物であればちゃんとやめられる、ということ。

そう考えると、「やめたい」と考えているというのは「やめた方が良いのは知っている」というレベルなのかもしれません。

 

 

おわりに

いかがでしたか?

今は何となく「やめたいけどやめられないなぁ~」と思っている人でも、タバコをやめたら絶対に良いことがある!

と確信をもてるなら本気でやめようと思えるのではないでしょうか。

他にも臭いや見た目にも変化が起こることが分かっていますので、次の1箱を買う前にぜひ本気で調べてみてくださいね!

関連記事