紅茶はにきびの原因になる!?そのワケとは?

いつの間にか出来てしまうニキビ。

あらゆる原因が考えられるますが、今日は「普段口にしているあれが、原因だったのかもしれない」という事をお話させて頂きます。

ニキビが発症する原因とは?

ニキビは、年代によって原因が異なります。

10代の頃に出来やすい、いわゆる「思春期ニキビ」と呼ばれるものの多くは、ホルモンの影響によって、皮脂分泌が過剰になる為に起こるとされています。

その為、皮脂分泌が多い

  • 髪の生え際
  • おでこ
  • Tゾーン

などに発生しやすくなります。

一方で、大人になってから発症し何度も繰り返してしまうニキビ、いわゆる「大人ニキビ」は

  • 過剰な皮脂分泌
  • 加齢による肌のターンオーバーの乱れ
  • ストレス
  • ホルモン異常
  • 生活習慣の乱れ
  • 偏った食生活

が原因で引き起こされるのです。

 

カフェインがニキビの原因に!?

上記でも述べたように、ニキビの原因はほとんどが生活習慣の乱れから起こるものです。

ですがその他に、カフェインの摂りすぎで起きてしまうこともあります。

では、なぜカフェインがニキビの原因となるのでしょうか?

覚醒作用による睡眠不足

カフェインは、脳を活発にさせるという、

  • 覚醒
  • 興奮

作用があります。

眠気対策にコーヒーやメガシャキ等を飲んだりした方もいるのではないでしょうか。

ですが摂り過ぎると、脳が興奮し過ぎて不眠傾向が現れてしまう可能性も出てきます。

睡眠の質が悪化してしまうと、

  • 肌の新陳代謝がスムーズに行えず
  • ニキビが悪化してしまう

という結果に繋がってしまうのです。

利尿作用による体の冷え

カフェインには利尿作用があります。

排尿する事で体温が外へと逃げてしまい、冷え症を招いてしまうのです。

体が冷える事で、

  • 血流が悪くなり
  • 肌のターンオーバーが正常に働かなくなり
  • ニキビが出来やすい状態になってしまいます。

体の冷えは、あらゆる病を招きやすいです。

冷え症で胃腸等の臓器も冷えてしまい、腸内環境が悪化してしまうという事にも繋がります。

腸内環境の悪化は、肌の健康に大きく関係するので、その結果ニキビが悪化してしまう事にもなりかねないのです。

美容成分の減少によって皮脂量が増加

カフェインには、

  • ビタミン
  • ミネラル

類の排出を促進する作用もあります。

  • ビタミン
  • ミネラル

類は、

  • 肌を健康に保ったり
  • ストレスから身を守る為の免疫力を高めてくれる

働きをします。

これらがが不足してしまうと、皮脂量が増加し、皮脂詰まりを起こしやすくなります。

その結果、ニキビやニキビ跡の悪化を招いてしまうのです。

カフェインは交感神経を高める

自律神経には、

  • 「交感神経」
  • 「副交感神経」

の2種類があります。

この2つの自律神経は、相互のバランスを常に保つ事で上手く働いています。

ですが、交感神経を高める作用のあるカフェインを過剰に摂取すると、自律神経のバランスが崩れてしまい、

  • 消化器系の機能
  • 睡眠の質

にも影響してしまうのです。

カフェインには胃酸分泌を高める

カフェインは、胃酸の分泌を高める作用があります。

過剰にカフェインを摂取してしまうと、

  • 胃酸分泌も過剰になり
  • 強い酸性である胃酸は胃の粘膜を傷つけてしまい

結果胃腸の調子を悪くしてしまうのです。

腸内環境は、肌の状態と密接に関係している為、腸内環境が悪くなると、肌の調子も悪化してしまいます。

このような様々な作用から、過剰なカフェインの摂り過ぎは、ニキビが出来る要因に繋がるのです。

 

紅茶がニキビの原因に!?

カフェインと聞くと、コーヒーが1番に思い浮かぶかと思いますが、実は紅茶にもカフェインが多く含まれています

コーヒー豆に含まれているカフェインは、豆の重量に対しておよそ2%と言われ、一方紅茶の茶葉からは、およそ3%のカフェインを含んでいます。

つまり、コーヒーと比べると紅茶の方が、カフェイン含有量は多いという事です。

ですが、コーヒーは豆を焙煎し飲んでいますが、紅茶は茶葉にお湯を注ぎ、出た汁を飲んでいるので、それぞれの1杯に含まれるカフェイン量は異なってきます。

実際、コーヒー1杯に含まれるカフェイン量は、100mgと言われていますが、紅茶はおよそ30mgの含有量です。

カフェインの1日の目安量

諸説ありますが、成人で1日300mg以下が理想の量だと言われています。

1日1~2杯程度であれば問題はないですが、過剰に摂取することは控えましょう。

 

紅茶を飲むならノンカフェインの物を

「紅茶好きなのに、これじゃ安心して飲めない」っと思っている方、ノンカフェインの物は色々あるので、ご紹介します。

ルイボスティ

  • シミやそばかす、シワなどの肌老化の原因となる活性酸素を除去
  • 整腸作用
  • 血糖値を下げる

働きがあります。

マテ茶

  • ビタミン
  • ミネラル

が豊富で、「飲むサラダ」とも呼ばれています。

  • 美容効果
  • 疲労回復

が期待出来るお茶です。

杜仲茶

血圧を下げる作用があり、血行障害を改善してくれるお茶です。

コラーゲン生成を活発化する作用もある為、ニキビ跡にも効果的です。

カモミール茶

ハーブティもノンカフェインなのでおすすめです。

カモミール茶は、

  • 肌の新陳代謝を促す作用
  • 安眠効果

があります。

水は、

  • 代謝をアップさせ
  • 老廃物を排出

してくれます。

もちろんカフェインは含まれていないので、積極的に飲んだ方が良いでしょう。

飲むタイミングとしては、

  • 「朝起きてすぐ」
  • 「3食の食事時」
  • 「入浴後」

がおすすめです。

特に、空腹時に飲む事で、大腸がクレンジングされ、血中の毒素も洗い流してくれます

フレッシュジュース

好きな果物や野菜で、ミキサーを使って自宅で簡単に作れます。

市販のジュースは、砂糖等が使われていたりするので、自分自身で作った物の方が、新鮮ですし不要な物も含まれていないので、おすすめです。

ただ、果物にも糖分は含まれているので、摂り過ぎには注意して下さい。

 

ノンカフェインなら安心

普段口にしている紅茶にもカフェインが含まれている事、初耳だったという方もいるのではないかと思います。

1日1〜2杯位のカフェインが含まれている飲み物であれば、問題はないですが、摂り過ぎには注意が必要です。

今では、ノンカフェインの飲料やコーヒーが増えてきました。

そういった飲み物を上手く活用しながら、無理の無い、楽しいライフスタイルを見つけて下さいね。

関連記事