ニキビやニキビ跡にはビタミンCが効果あり!過剰摂取しても大丈夫?

治ったと思っていたらまたできてしまうニキビ…。

ニキビに悩まされない肌になりたいと願う方は多いのではねいでしょうか。

身体の内側からニキビのできにくい肌にするために重要であり、できてしまったニキビ跡のケアにも大切な栄養について説明します。

ビタミンCの効能は?なぜニキビに効果的なの?

ビタミンCといえば美肌に欠かせない栄養素であるイメージですが、ニキビケアにも力を発揮します。

なぜニキビケアに効果があるのか説明していきますね。

ニキビと活性酵素の関係って?

ニキビは

  1. 毛穴に皮脂が詰まり、
  2. それが活性酵素により酸化されることによりアクネ菌が増殖してしまい
  3. 炎症が起こるために

できてしまいます。

活性酵素が多く生成される原因として

  • 紫外線
  • 喫煙
  • ストレス

など日常生活の中に存在しています。

この活性酵素の働きを抑えることはニキビケアにとっても大切なのです。

ビタミンCの効能その1

ビタミンCには『抗酸化作用』といって先ほど述べた活性酵素の生成を抑える働きがあります。

また同じ抗酸化作用を持つビタミンEに対して、酸化したビタミンEを再生させる働きもある優れた栄養素なのです。

ビタミンCの効能その2

ビタミンCといえば美肌効果があると聞いたことはありませんか。

それはビタミンCにはコラーゲンの生成を助ける働きがあるからです。

コラーゲンは

  • 肌にハリやツヤを持たせますし、
  • ニキビ跡の改善にも役に立ちます。

ビタミンCの効能その3

ビタミンCには他にも大量に摂取することで免疫力をアップさせる作用があると言われています。

冬場の風邪の流行る時期には積極的にビタミンCの多い食材を食べて免疫力アップと美肌を手に入れたいですね。

ビタミンCは過剰摂取しても大丈夫?

ニキビケアにいいのならたくさん食べたいけれど、副作用があるのか心配な方もいると思います。

ここではビタミンCの特徴について説明しますね。

ビタミンには脂溶性と水溶性があります

ビタミンには

  • 脂溶性
  • 水溶性

とがあります。

 脂溶性ビタミン ビタミンA、D、E、K
 水溶性ビタミン ビタミンC、B群(ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、ビタミンB12、葉酸)

脂溶性ビタミン・・・・ビタミンA、D、E、K
水溶性ビタミン・・・・ビタミンC、B群(ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、ビタミンB12、葉酸)

ビタミンCは水溶性ビタミンですので、大量に摂取しても2~3時間後には尿として排出されます。

しかし食材からではなくサプリメントから摂取する場合は

  • 下痢
  • 嘔吐

などの副作用が懸念されるため、1g/日以内に抑えておくことが推奨されています。

反対に体に蓄積されませんので一度に多くの量を摂取するより、3回の食事に分けて摂取するのがおすすめです。

ビタミンCの特性は?

ビタミンCは

  • 熱に弱く
  • 水に溶ける

性質があります。

食材から摂取する場合は生で食べるとビタミンCを損なわずに済みますよ。

また調理する際にも、

  • 加熱時間
  • 長い時間水にさらすのを避ける

などの工夫をすることによりビタミンCの流出を最小限にすることができます。

ビタミンCはどの食材に多く含まれているの?

ではビタミンCはどのような食材に多く含まれているのでしょうか?

ビタミンCの多い食材

食品の可食部100あたりのビタミンC含有量が多い食品を紹介します。

みかん32㎎

 ブロッコリー 120㎎
 カリフラワー 81㎎
 赤ピーマン 170㎎
 青ピーマン 76㎎
 ゴーヤ 76㎎
 レモン(果汁) 50㎎
 キウイフルーツ 69㎎
 いちご 62㎎
 焼きのり 210㎎
 煎茶(茶葉) 260㎎

ビタミンCといえば柑橘類のイメージですがこうして見ると野菜にも多く含まれておることが分かりますね。

また一見すると焼きのりや煎茶が多く含まれていますが、これは100gあたりの含有量ですので現実的に焼きのりを100g食べることは難しいですね。

おすすめの食材は?

ビタミンCを効率よく摂取したいとお考えの方は、果物や乾物だけでなく

  • ブロッコリー
  • ピーマン

など一度にある程度の重量を食べられる野菜と摂ることが望ましいです。

またゴーヤに含まれるビタミンCは熱に強いので加熱調理する際にはお勧めですよ。

ビタミンCでニキビケア

ビタミンCの性質や効果について説明してきましたが、たまにキュウリやレモンパックなどをして肌にビタミンCを吸収させようとしている画像を見たことがありませんか?

実はこのビタミンCは肌からは吸収されにくいのです。

そのため化粧品などに含まれているビタミンCは特殊な加工により吸収されやすい成分に変えられています。

食材からビタミンCを摂りたい場合は食べて身体の内側から吸収させましょうね。

ニキビ予防だけでなくニキビ跡にも効果のあるビタミンC。

毎日の食事に取り入れて悩みのない健康的な肌を手に入れましょう。

関連記事