ビタミンEのニキビへの効果・効能とは?

ビタミンの中でも高い抗酸化作用を持つとされるビタミンEは、様々な病気の予防や改善に役立ちます。

ニキビに悩んでいるのであれば、ビタミンEを積極的に摂取しましょう。

ここでは、ビタミンEのニキビへの効果について解説します。

 

ビタミンEとは

ビタミンには、

・水に溶ける水溶性ビタミン
・脂に溶ける脂溶性ビタミン

があります。

ビタミンEは脂溶性ビタミンの一つで、細胞の酸化を抑える強い抗酸化作用を持ちます。

他にも様々な効果があるので、確認していきましょう。

 

ビタミンEの効果

活性酸素によって細胞が酸化すると、シミやしわなどの肌トラブルだけではなく、

動脈硬化やがんなど生命に関わる重大な病気のリスクが高まります。

すなわち、ビタミンEには、これらの症状の改善や予防効果が期待できます。

さらに、血行促進作用もあるため、肩こりや冷え、頭痛、貧血予防などにも効果的と考えられています。

また、炎症を抑える抗炎症作用もあるといわれています。

 

ビタミンEを含む食品

ビタミンEは、次のような食品に多く含まれています。

・アーモンドなどナッツ類
・ひまわり脂
・キャノーラ脂
・オリーブオイル
・コーン脂
・いくら
・キャビア
・うなぎ
・かぼちゃ

このように、様々な機会に摂取できるため、欠乏することはほとんどないといわれています。

油に含まれるビタミンEは、油が酸化すると減少してしまうので、油は常に新しいものを使用しましょう。

なお、ビタミンは水に溶け出してしまい、効率的に吸収することが難しいのですが、

ビタミンEは脂溶性であるため水洗いをしても流出してしまう心配がありません。

 

ビタミンEの副作用

ビタミンEは脂溶性であるため、摂りすぎると体内に蓄積されます。

しかしながら、比較的短期間のうちに排出されるので、過剰症は起こりにくいとされています。

仮に過剰症になったとすると、

・軽度の肝障害や筋力の低下
・吐き気や下痢

などが起こる可能性があります。

サプリには、高濃度にビタミンEが配合されていることがあるので注意して、

1日の摂取量の目安である成人男性7mg、成人女性6.5mgを守りましょう。

 

ビタミンEのニキビへの効果

ビタミンEは、ニキビの改善や予防に効果があるといわれています。

これは、ビタミンEが持つ抗酸化作用や抗炎症作用、血行促進作用によるものです。

毛穴が詰まり、そこにアクネ菌が増殖すると、遊離脂肪酸という炎症を引き起こす物質を生産します。

その結果、赤く腫れる赤ニキビができてしまいます。

抗炎症作用によって炎症を鎮めることで、赤ニキビの発生を防ぐことができます。

抗酸化作用によって、肌のバリア機能をつかさどる角質層に含まれるセラミドが増加し、肌を保湿する効果が期待できます。

肌が保湿されるということは、乾燥しにくくなるということです。

肌が乾燥すると、皮脂の分泌が増加して毛穴が詰まりやすくなるので、保湿はニキビの予防につながります。

血行促進作用によって肌細胞へ十分な酸素と栄養が供給されるようになると、肌の新陳代謝が活発になります。

それにより、古い角質が肌に留まりにくくなるので、毛穴が古い角質によって塞がれるリスクを下げることができます。

 

ビタミンE誘導体を活用する

ビタミンEが含まれた化粧品は数多く存在しますが、ビタミンEは肌への浸透性が低いため、十分な効果が期待できません。

そこで開発されたのがビタミンE誘導体です。ビタミンE誘導体は、肌に使用しやすいよう改良されたビタミンEです。

ビタミンE誘導体やビタミンC誘導体などが含まれた化粧品を使用しましょう。

 

ニキビによいとされる食生活をおくろう

ビタミンEを含む食品は多いので、欠乏することは少ないです。

しかし、大人ニキビに悩まされる人が後を断ちません。

これは、ニキビに効果的な他の栄養素の摂取が足りていない、またはニキビに悪影響を及ぼす食生活や生活習慣をおくっていることが原因だと考えられます。

ニキビには、次のような栄養素が効果的です。

・ビタミンB群

ビタミンB2とB6は、皮脂の分泌を調整するため、皮脂詰まりによるニキビの予防や改善に役立ちます。

これらは、卵や魚類、チーズや大豆などに多く含まれています。

・ビタミンC

ビタミンEと同じく抗酸化作用があるため、より効率よくニキビを改善することができます。

また、肌の弾力を保つコラーゲンの生産を促進させる働きもあります。

ビタミンCは、緑黄色野菜や果物に多く含まれています。

・ミネラル

ミネラルには、カルシウムや亜鉛、銅などがあります。

亜鉛は、肌の新陳代謝を活発にするため、積極的に摂るべき栄養素の一つです。

亜鉛は、牡蠣や玄米に多く含まれています。ビタミンCとの親和性が高く、一緒に摂ることで吸収率を高めることができます。

逆に、脂質や糖質、アルコールの摂り過ぎは控えましょう。

生活では、ストレスや睡眠不足、運動不足を解消させることが大切です。

関連記事