ビタミンCのニキビへの効果やビタミンCを含む食べ物は?

ニキビは、生活習慣や食習慣が乱れていたり、間違ったスキンケアをしていたりするとできやすくなります。

ニキビができてしまった場合は、ビタミンCを十分に摂るようにしましょう。

ここでは、ビタミンCのニキビへの効果や治療法について解説します。

ビタミンCとは

ビタミンCは水に溶ける性質を持つ水溶性のビタミンです。

多くの動物は体内でビタミンCを合成できますが、人は合成することができません。

そのため、食品やサプリから継続的に摂取する必要があります。

加熱や水にさらすなどすることで流出してしまうため、工夫しなければ十分な量を摂取することが難しいとされています。

たとえば、新鮮な野菜を生で食べたり、水にさらす時間を最短にしたりするといった工夫が挙げられます。

また、加熱する場合はスープごと飲めるポトフなどの煮物にするとよいでしょう。

 

ビタミンCの効果

ビタミンCは非常に強い抗酸化作用を持ちます。

抗酸化とは、酸化を抑える働きのことです。

人の身体は、活性酸素の影響で酸化してしまうのですが、酸化が促進されると動脈硬化やがん、シミやしわなどのリスクが高まります。

そのため、抗酸化作用を持つビタミンCやビタミンEなどの栄養素を継続的に摂取する必要があるのです。

また、ビタミンCには、肌の弾力を保つコラーゲンを生産する働きがあります。

具体的には、コラーゲンの合成に必要な酵素の働きをサポートします。

コラーゲンが不足すると、肌に水分を十分に留めることができなくなり、乾燥しやすくなってしまいます。

 

ビタミンCのニキビへの効果

ビタミンCには、抗炎症作用もあるので、赤ニキビの改善に役立つとされています。

また、肌の弾力を保つことで皮脂の分泌を調整し、ニキビができにくい状態に肌を整えます。

ビタミンCは、皮膚に直接塗っても浸透しないため、ニキビの改善には効果が期待できません。

ビタミンCを含む食品を摂取して、身体の内側からニキビを改善させましょう。

 

ビタミンCを含む食品

ビタミンCは緑黄色野菜全般や果実類全般に含まれています。

前述したように、ビタミンCは簡単に流出してしまうので、調理方法に注意してください。

しかし、生野菜を大量に食べることは難しいので、サプリを利用するとよいでしょう。

サプリを飲む場合は、ビタミンCの含有量を確認して、過剰摂取しないよう注意しましょう。

 

 

ビタミンC誘導体を活用しよう

ビタミンC誘導体は、肌への浸透性が低いビタミンCを浸透しやすいように改良したもので、肌に吸収されてからビタミンCへと変化します。

ビタミンC誘導体は、化粧水や乳液など様々な化粧品に添加されています。

 

ビタミンC誘導体化粧品の選び方

ビタミンC誘導体が配合されていれば、どのような化粧品でもよいという訳ではありません。

ビタミンC誘導体には、水溶性と脂溶性、そしてこれら両方の性質を持つものがあります。

それぞれの特徴としては、

・水溶性:肌へと速やかに浸透して効果を発揮
・脂溶性:即効性は劣るものの効果が長時間持続
・両方の性質を持つもの:非常に高い浸透力を誇る

また、ビタミンC誘導体は濃度が濃ければよい訳ではありません。

あまりにも高濃度のものは肌に刺激を与えるため、逆効果になる恐れがあります。

 

イオン導入を利用しよう

クリニックでは、ビタミンCのイオン導入を受けることができます。

イオン導入とは、肌に浸透しにくい美容成分を浸透しやすくすることを目的とした施術方法で、

微弱電流を美容成分に流し、イオン化させることで肌への浸透性を高めます。

イオン導入によって肌の内部へと浸透したビタミンCは、肌の奥深くにある真皮へと到達します。

そして、コラーゲンの生産を促して、ニキビやニキビ跡の改善に効果を発揮します。

 

イオン導入を受ける際の注意点

微弱電流を流すので、施術を受けた後は肌のバリア機能が一時的に低下します。

そのため、週に1~2回程度までにしておくことが推奨されています。

家庭用のイオン導入器は低出力であるため、1日1回まで使用できるとされています。

どちらの場合も、肌の調子が悪いときは使用しない方がよいでしょう。

 

ニキビによい生活をおくろう

皮脂の過剰分泌がニキビを招くので、皮脂の分泌が最適な状態を維持することが大切です。

十分に睡眠をとり、ストレスを溜めないようにしましょう。

そして、食事では脂質が多い食品の摂取を控え、緑黄色野菜や果物類を十分に摂りましょう。

このように、ビタミンCの摂取に限らず、様々な方法でニキビにアプローチをかけることで、効率よくニキビを改善できるでしょう。

 

関連記事